まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ヘーゲル『法の哲学』覚書(1)

目次

はじめに

 本稿ではヘーゲル『法の哲学 自然法と国家学の要綱』(上妻精・佐藤康邦・山田忠彰訳,岩波書店)を読む*1

 ここで訳者の一人である佐藤康邦(1944-2018)の言葉を紹介しておこう.

当たり前のことながら,翻訳するということになれば,『法の哲学』から自分に興味のある箇所を引き出して論文を書けば良いというのとは違い,ヘーゲルの書いたテキスト全部に付き合わなければならないということになる.それが,すでに,『法の哲学』に対する接近法として独特のことともなる.たとえば,普段敬遠して余り省みなかった「抽象法」の部分の翻訳にも付き合わされるということになる(特にローマ法の部分など並大抵の苦労ではない).しかしその結果,改めて,『法の哲学』全体を通じてのヘーゲルの一貫した姿勢というものを思い知らされたということもある.それが,『法の哲学』が,顕在的に法によって規制されている関係としても,暗黙の諒解のうちに形成された関係としても,「人倫的」秩序というものがすべて人間の意志によって支えられているということを基本前提としているということである.このことは極く当たり前のことであるにもかかわらず,「抽象法」を翻訳するなかで新鮮なものとして再確認されたということなのである.

佐藤2004:70〜71)

ヘーゲル法哲学研究で取り扱われるのが最も多いのはおそらく第3部「人倫 Die Sittlichkeit 」であり,次が第2部「道徳 Die Moralität 」であろう.第1部「抽象法 Das abstracte Recht 」は最も人気のない研究対象と言っても過言ではあるまい.だが第3部や第2部の論理展開を支えるものは,これらに先行する第1部や緒論等々であり,その意味では先行する部門の重要性はいささかも揺らぐことがない.

 佐藤の翻訳上の苦労には共感するところがある.この覚書シリーズでは基本的にパラグラフを飛ばさずに読み進めることにしているが,このような読解作業は実は大変な苦労が伴っている.最初から読み進めていけば当然どこかで理解できないパラグラフにぶつかってしまうことになる.途中の理解できたところだけを取り上げて繋ぎ合わせて論文にするのとは別の難しさがある.それでもここはブログなので『まあ間違えてもいいや』という軽い気持ちで無料公開している.そうでもしなければヘーゲルの難解な叙述を読み進めることさえできないからである.私の稚拙で浅薄な読解作業が,読者のより深みのある読解作業への一寄与になることを願う.

ヘーゲル『法の哲学』

 本書の最初に二つの表題が確認できる.「自然法と国家学の要綱」と「法の哲学の基本線」である.

ヘーゲル『法の哲学』表題紙)

自然法と国家学の要綱

 「序言」の冒頭で見るように,本書は大学の講義の教科書として出版されたという経緯があり,「自然法と国家学」というのはその講義名を指している.ただし「自然法」といっても「自然 Naturgesetz 」ではない.より厳密には「自然 Naturrecht 」と訳すべきかもしれない*2

 表題紙では「自然法」よりも「国家学」の方がフォントが大きくなっている.このことは,本書において「自然法」よりも「国家学」こそが重要な地位を占めていることを表現していると言えるかもしれない.じっさい,本書には長らく国家哲学の書として読まれ続けてきたという経緯がある.

 ヘーゲル自身は「序言」の中で本書のことを「要綱 Grundriss 」と呼んでいる.もしかすると,実はメインタイトルは『法の哲学の基本線』ではなく『自然法と国家学の要綱』だったのかもしれない.

法の哲学の基本線

 加藤尚武(1937-)が注意を促したように,本書はいわゆる法律の哲学Philosophy of Law)ではない(加藤2012).ドイツ語の Recht は多義語である.それゆえ Recht はよく「法・権利・正義」などと並べて訳されることがあるが,本書の中では「権利 Recht 」と「法律 Gesetz 」と「正義 Gerechtigkeit 」*3とは明確に区別されている.ちなみに日本語の「権利」の「利」には「利益」という意味が含まれるが,ドイツ語の Recht には「利益」に該当する意味が含まれていないので,日本語の語感に引っ張られて解釈しないよう注意されたい*4

 表題の「基本線 Grundlinien 」は殆どの場合省略されて,ただ単に「法の哲学」と呼ばれることが多い.複数形の Grundlinien は「大綱,大すじ」という意味であるから,先の「要綱 Grundrisse 」と意味上は大差がない*5.両者に共通する"grund‥"には「土台,基礎的な,根本的な」という意味がある.本書はあくまで「大綱,大すじ Grundlinien 」であり,ヘーゲルが本書で全ての事柄を語り尽くしているわけではないことにも注意が必要である.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ヘーゲル法哲学の関連図書については拙稿「ヘーゲル『法の哲学』の関連図書」を参照されたい.

*2:「権利」と「法」とを明確に区別することに関しては,ホッブズ(Thomas Hobbes, 1588-1679)以来の伝統がある.「この主題についてかたる人びとは,権利と法 Jus and Lex, Right and Law を混同するのが常であるが,しかし,両者は区別されなければならない」(Hobbes1651: 64,訳216〜217頁).ホッブズの「権利」については拙稿「ホッブズの権利論——自然権と自由」を参照されたい.

*3:ヘーゲルの「正義」については,拙稿「ヘーゲルの「正義」論」および「ヘーゲル『法の哲学』における「正義」の用例集」を参照されたい.

*4:「権利」という翻訳語の問題点については,拙稿「「権利」という翻訳語」を参照されたい.

*5:「要綱 Grundriss 」と「概要 Compendium 」の違いについては拙稿「ヘーゲル『法の哲学』覚書(3)」を参照されたい.