まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ヘーゲル

ヘーゲル『大論理学』覚書(3)

目次 ヘーゲル『大論理学』(承前) 第一版への序文 カント批判哲学以前の伝統的形而上学 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『大論理学』(承前) 第一版への序文 カント批判哲学以前の伝統的形而上学 この時代より前に形而上学と呼ばれたものは, いわば…

ヘーゲル『大論理学』覚書(2)

目次 ヘーゲル『大論理学』(承前) 第一版への序文 哲学の変容と論理学 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『大論理学』(承前) 第一版への序文 哲学の変容と論理学 ほぼ二十五年来, われわれのもとで哲学的にものを考える方法に完全な変更が加えられて…

ヘーゲル『法の哲学』覚書(4)

目次 ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言(承前) 『要綱』における「方法」の問題 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言(承前) 『要綱』における「方法」の問題 この要綱が, さしあたっては, ここで指導的な役割を果たしている方法…

ヘーゲル『大論理学』覚書(1)

目次 はじめに ヘーゲル『大論理学』 『大論理学』第1版と第2版における表題紙の違い 文献 はじめに 本稿ではヘーゲル『大論理学』(Wissenschaft der Logik, 1812-16, 1832)を読む. 厳密にいうと『大論理学』というタイトルのヘーゲルの著作はない. 慣例とし…

ヘーゲル『法の哲学』覚書(3)

目次 ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言(承前) 「注解 Anmerkungen 」の役割について 「要綱 Grundriss 」と「概論 Compendium 」 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言(承前) 「注解 Anmerkungen 」の役割について しかし, この…

ヘーゲル『法の哲学』覚書(2)

目次 ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言 「講義への手引き」としての『法の哲学』 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『法の哲学』(承前) 序言 「講義への手引き」としての『法の哲学』 この要綱を出版する直接のきっかけは, 私が職務上おこなう法の哲…

ヘーゲル『法の哲学』覚書(1)

目次 はじめに ヘーゲル『法の哲学』 自然法と国家学の要綱 法の哲学の基本線 文献 はじめに 本稿ではヘーゲル『法の哲学 自然法と国家学の要綱』(上妻精・佐藤康邦・山田忠彰訳, 岩波書店, 2021年)を読む*1. ここで訳者の一人である故・佐藤康邦(1944-2018)…

マルクス『資本論』覚書(7)

目次 マルクス『資本論』(承前) 〈現象〉としての「量的関係」 商品に〈内在的な〉交換価値は「形容矛盾」か ル・トローヌ『社会利益論』(1777年、パリ) 文献 sakiya1989.hatenablog.com マルクス『資本論』(承前) 〈現象〉としての「量的関係」 (1…

ヘーゲル『法の哲学』の関連図書

目次 はじめに ヘーゲル『法の哲学』の関連図書 加藤尚武『ヘーゲルの「法」哲学』青土社 S・アヴィネリ『ヘーゲルの近代国家論』高柳良治訳、未來社 神山伸弘『ヘーゲル国家学』法政大学出版局 M・リーデル『ヘーゲル法哲学その成立と構造』福村出版 佐藤康…

ヘーゲル『精神現象学』覚書(4)

目次 ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文(承前) 「哲学」と「解剖学」の違い 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文(承前) 「哲学」と「解剖学」の違い さらにヘーゲルは「哲学」が他の分野とは異なる性質をもつ点について, 「…

ヘーゲル『精神現象学』覚書(3)

目次 ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文(承前) 「仮象」としての「哲学」 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文(承前) 「仮象」としての「哲学」 続けてヘーゲルは『なぜ「哲学的な著作」においては「序文」が不適切に見える…

ヘーゲル『精神現象学』覚書(2)

目次 ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文 「哲学的な著作」における「序文」の意義 文献 sakiya1989.hatenablog.com ヘーゲル『精神現象学』(承前) 序文 よく言われることだが, 『精神現象学』には「序文 Vorrede 」と「序論 Einleitung 」がある. 「序文」…

ヘーゲル『精神現象学』覚書(1)

目次 はじめに ヘーゲル『精神現象学』 「学の体系」構想, サブタイトルとしての「精神現象学」 文献 はじめに このシリーズではヘーゲル『精神現象学』(熊野純彦訳, 筑摩書房, 2018年)を読む. 私が『精神現象学』を読み始めたのは, およそ十年前に遡ること…

ヘーゲル『精神現象学』立法理性のコンテクストとカント批判

目次 はじめに ⒈ 先行研究におけるカント批判という読解 ⒉ コンスタンとカントの虚言論争というコンテクスト 文献 はじめに 今回は「ヘーゲル『精神現象学』立法理性のコンテクストとカント批判」というテーマで書く。その概要は以下の通りである。 我々は(…

ヘーゲル『世界史の哲学』講義録における文献学的・解釈学的問題

今回は、ヘーゲル『世界史の哲学』講義録における文献学的・解釈学的問題というテーマで書きたいと思います。 目次 はじめに 底本は最新の資料ではない?──文献学的問題 『世界史の哲学』講義録における解釈学的問題 結語 参考文献 はじめに 先日、ヘーゲル…

ヘーゲルの「倫理」について

今回はヘーゲルの「倫理」について書きたいと思います。 目次 はじめに ヘーゲルの「倫理」 文献 はじめに 前回の記事で毎日更新する意志を提示しましたが、実際に毎日書こうとすると、体力は持たないし書く内容も頭に浮かばないということで、結構キツイも…

カーネマンとヘーゲルの意志・思考論

目次 はじめに カーネマンの意志・思考論の2類型(システム1・システム2) ヘーゲルの意志・思考論の3類型(自然意志・選択意志・自由意志) カーネマンとヘーゲルの意志・思考論の違い 文献 はじめに 今回は、ダニエル・カーネマンとヘーゲルの意志・思…

ヘーゲル体系における完全性?

目次 はじめに ヘーゲル体系における完全性? 文献 はじめに 今月初めてのブログ更新です。最近ブログの更新が滞っていたのは、ヘーゲルのテクストと真面目に格闘していたからです。真面目に格闘していたと言っても、正直頭が疲れるだけで全然前に進んでいな…

ヘーゲル『精神の現象学』「序言」における《哲学》と《科学》

目次 はじめに 「哲学が科学に高まる」とはどういうことなのか 「序言(Vorrede)」は哲学的著作にとって余計なものなのか 文献 はじめに 今回は、ヘーゲルにおける《哲学》と《科学》について書きたいと思います。 前々回、私は「ホッブズの「哲学=科学」…

ヘーゲル『法の哲学』における「正義」の用例集

今回は、ヘーゲル『法の哲学』における「正義(Gerechtigkeit)」の用例を以下に示します。これは「抜粋ノート」に過ぎず、本来であればコメントしてしかるべきなのは承知しております。が、このように用例集を作るだけでも、ヘーゲルが「正義」という語をど…

ヘーゲルの「正義」論

目次 「正義」と「平等」 iusの分離としての「権利(Recht)」と「正義(Gerechtigkeit)」 文献 今回は、ヘーゲル『法の哲学』におけるヘーゲルの正義論について書きたいと思います。 sakiya1989.hatenablog.com 「正義」と「平等」 ヘーゲルの『法の哲学』…