まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

フーコー

フーコー「社会医学の誕生」覚書(2)

目次 フーコー「社会医学の誕生」(承前) 序(承前) スペイン語の講演記録 ロストウの「テイク・オフ」 文献 sakiya1989.hatenablog.com フーコー「社会医学の誕生」(承前) 序(承前) スペイン語の講演記録 さて、あらためて冒頭から読んでいきましょう…

フーコー「社会医学の誕生」覚書(1)

目次 はじめに フーコー「社会医学の誕生」 序 資本主義社会における身体と医学 文献 はじめに 以下ではフーコー「社会医学の誕生」(Michel Foucault, El nacimiento de la medicina social, 1977)を読みます。このテクストを読むことになったきっかけは、…

フーコー『言葉と物』覚書(1)

目次 はじめに フーコー『言葉と物』 序 「われわれ」の思考を揺るがす「他なる思考」 文献 はじめに 本稿では,ミシェル・フーコー『言葉と物』(渡辺一民・佐々木明訳,新潮社)を読む. これまでフーコーの著作に何度かチャレンジしてみたが,その内容を…

サイード『オリエンタリズム』覚書(2)

目次 (承前)序説(一) 〈オリエンタリズム〉の第三の意味:「オリエントを支配し再構成し、威圧するための西洋の様式」としての〈オリエンタリズム〉 フーコーの「言説」概念の援用 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(一) 〈オリエンタリズ…