まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

The Problem of Reference Indication in the Proof of Proposition 5 in Part 1 of Spinoza's Ethica

CONTENTS

Introduction

I was reading the first edition of Spinoza's Ethica (published posthumously, 1677). I noticed that it differed in some places from the text currently in circulation.

The Problem of Reference Indication in the Proof of Proposition 5 in Part 1 of Spinoza's Ethica 

The following quote is from Spinoza's Ethica on Wikisource.

PROPOSITIO V : In rerum natura non possunt dari duæ aut plures substantiæ ejusdem naturæ sive attributi.

DEMONSTRATIO : Si darentur plures distinctæ, deberent inter se distingui vel ex diversitate attributorum vel ex diversitate affectionum (per propositionem præcedentem). Si tantum ex diversitate attributorum, concedetur ergo non dari nisi unam ejusdem attributi. At si ex diversitate affectionum, cum substantia sit prior natura suis affectionibus (per propositionem 1) depositis ergo affectionibus et in se considerata hoc est (per definitionem 3 et axioma 6) vere considerata, non poterit concipi ab alia distingui hoc est (per propositionem præcedentem) non poterunt dari plures sed tantum una. Q.E.D.

(Ethica/Pars prima - De Deo - Wikisource)

Here it is written "(per definitionem 3 et axioma 6)". However, in the first edition of Spinoza's Ethica, it is written the following.

(Spinoza 1677a: 4)

In the first edition of Spinoza's Ethica, it is written "(per Defin. 3. & 6.)". The word "axiom" is not found in the same passage.

If you look at the proof of Proposition 5 before and after "(per Defin. 3. & 6.)", you will see that it only mentions the consideration of substances and their modifications, but there is nothing related to the "Idea vera (true idea)" of Axiom 6. Therefore, in terms of content, it is Definition 6 that is closely related to the consideration of substances and their modifications, not Axiom 6. This means that the word "axiom" may have been mistakenly added to the text, and Spinoza's Ethica has been published many times in the past.

Spinoza's Ethica, the first Dutch (translated) edition, 1677.

The first Dutch (translated) edition of Spinoza's Ethica was published at the same year as the Latin (original) edition of it.

(Spinoza 1677b: 4)

In the first Dutch edition of Spinoza's Ethica, it is written "(volgens de derde en zeste[zesde] Bepaling)". Also, the word "axiom" is not found in the same passage.

Conclusions

At least in both the Latin (original) and Dutch (translated) editions of Spinoza's Ethica published in 1677, the word "axiom" was not found in the Proof of Proposition 5 in Part 1, so the text as it is now circulating must be subject to correction.

Bibliography

Marx and the Magnet

CONTENTS

Marx and the Magnet

In "Capital," Marx wrote,

(Marx 1867: 2)

What is of importance here is "zu entdecken (to discover)"(ibid.). Following Marx's example, the discovery of the magnetic polarity is a "geschichtliche That (historical act)"(ibid.). This "geschichtliche That" is the kind of thing that would be given for a great achievement like the first discovery in the history of science. However, it is strange to say that "Die Eigenschaft des Magnets, Eisen anzuziehn, wurde erst nützlich, sobald man vermittelst derselben die magnetische Polarität entdeckt hatte"(ibid.). Isn't a magnet always "nützlich (useful)" just by virtue of the fact that it attracts iron? This means that Marx does not consider the property of the magnet itself (an sich) to be "nützlich (useful)".

In order to understand this point in more detail, in the following, I would like to look at the discovery of magnetic polarity from the perspective of the history of science.

Discovery of magnetic polarity

The Wikipedia entry on "Lodestone" says,

One of the earliest known references to lodestone's magnetic properties was made by 6th century BC Greek philosopher Thales of Miletus, whom the ancient Greeks credited with discovering lodestone's attraction to iron and other lodestones. The name magnet may come from lodestones found in Magnesia, Anatolia.

(Lodestone - Wikipedia)

Thus, it can be confirmed that the property of the magnet, "to attract iron," has been recognized since ancient times. However, the discovery of magnetic polarity––what Marx called "geschichtliche That"––had to wait until the appearance of Petrus Peregrinus de Maricourt's "Epistola de magnete" (1269). According to Mitchell,

Peregrinus was the first to figure out that a magnet has two poles. He was one of the few early investigators to note that a magnet repels as well as attracts. But to Peregrinus, the idea of poles did not contain the idea of movement, or of a field. He couldn't have imagined unpaired spinning electrons in an atomic array. His explanation was that the magnet carried within itself a replica of the heavens, by which he meant the stars that point to geographic poles, aligning with the axis of the planet.

(Mitchell 2018)

(Peregrinus 1558)

However, since Peregrinus thought that the magnetic polarity was in the heavens, it was not yet thought that that was on earth at this time. The idea of geomagnetism is finally confirmed in William Gilbert's "De Magnete" (1600). According to Mitchell,

And while Peregrinus had written three centuries before about a magnet's "natural instinct," implying that it was a constant property, Gilbert was saying that the whole Earth itself carried this fundamental power, and that the power was inextricably bound to the Earth's core.

(Mitchell 2018)

(Gilbert 1600)

Conclusions

According to the above history of science––I don't know if Marx himself was aware of this history of science––there is at least a certain validity in distinguishing the period after Peregrinus' discovery of the magnetic polarity from the earlier period when the magnet's property, "to attract iron", was recognized.

Therefore, Marx's sentence, "Die Eigenschaft des Magnets, Eisen anzuziehn, wurde erst nützlich, sobald man vermittelst derselben die magnetische Polarität entdeckt hatte," is generally applicable to the history of science.

Bibliography

2020年にこのブログに書いた記事を振り返る

目次

はじめに

 今回は2020年を振り返りたいと思います。

 今年のこのブログへの投稿数は106記事に及びました。これは過去5年間で過去最高の更新記録です。三桁に届いたのが初めてです。

 以下では今年書いた記事をエッセイ・アニメ批評・覚書シリーズ・翻訳という4つのカテゴリー別にみていきたいと思います。

エッセイ

ブログですので徒然なるままに書き散らしています。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

アニメ批評

今年の批評は『攻殻機動隊 SAC_2045』『鬼滅の刃』『炎炎ノ消防隊』の三作を取り上げました。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

古典についての覚書

 このブログの中核になりつつあるのが古典についての覚書です。

ホッブズリヴァイアサン』覚書

 私が今年最後に取り組んだのはホッブズの『リヴァイアサン』でした。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

またホッブズリヴァイアサン』については次のような記事も書いています。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

スピノザ『エチカ』覚書

 今年の四月にはスピノザ『エチカ』を取り上げました。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

ヴィーコ『新しい学』覚書

 ヴィーコ『新しい学』について書きました。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

またコラムとして以下の記事も書きました。

sakiya1989.hatenablog.com

ルソー『社会契約論』覚書

 今年の四月から六月初頭にかけてはルソー『社会契約論』を取り上げました。この頃から私は少し社会思想史的な研究がやりたくなってしまったようです。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

また今年一月には大学入試センター試験の「倫理」科目の設問を取り上げつつ、ルソー『社会契約論』の「市民(シトワイヤン)」概念について論じました。

sakiya1989.hatenablog.com

後で読み返して、『ウーン、ここで自分の書いていることはちょっと早とちりだったかなぁ…違うかもなぁ…』と今では思っているのですが、論旨を直そうとすると全面的な書き直しが必要になってしまうので、非公開にするのももったいないのでそのままにしています。

ルソー『言語起源論』覚書

 今年の一月にはルソー『言語起源論』を取り上げました。他の覚書シリーズはテクストをベッタリと読んでいくスタイルなのですが、『言語起源論』だけは要所要所を摘み食いするような形で一通り読み終わりました。ただし駆け足で読んでいたので、残念ながら十分に読解できておりません。やはりテクストに解釈を施すのに「速読」は馴染まないのかもしれません。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

アダム・スミス国富論』覚書

アダム・スミス国富論』は「政治経済学」(ポリティカル・エコノミー)について取り組みたくて始めたのですが、一回しか書けませんでした。

sakiya1989.hatenablog.com

ヘーゲル精神現象学』覚書

 今年の八月にはヘーゲル精神現象学』を取り上げました。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

あと来月ヘーゲル『法の哲学』が岩波文庫で出るらしいので、参考になりそうな書籍を紹介しました。

sakiya1989.hatenablog.com

マルクス資本論』覚書

 八月の後半にはマルクス資本論』を取り上げました。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

マルクスの『資本論』を読み解くために科学史の本を紐解いたり、言語学の本を参照したりしたのは、非常に楽しかったです。

フーコー『言葉と物』覚書

 フーコー『言葉と物』は「イデオロギー」研究と関わるので取り上げたのですが、一回しか書けませんでした。

sakiya1989.hatenablog.com

イードオリエンタリズム』覚書

 サイードオリエンタリズム』は私には読解するのが難しい書物ですが、重要な視点を与えてくれるものだと考えています。sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

音楽思想史

 ルソー『言語起源論』の読解は、もともと音楽思想史への取組の一環として行われたものです。しかし「音楽」といっても文献が膨大にあり、音楽思想史を私が咀嚼して記述するには、もう少し時間がかかりそうです。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

ラモー『和声論』やアドルノ音楽社会学序説』については一回しか書けませんでした。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

その他

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

翻訳

 「覚書」シリーズと並行して古典の翻訳も多少行いました。翻訳は研究の息抜きみたいなものです。スポーツで例えるならば「素振り」みたいなものです。ひとは「素振り」をして試合のために練習をするでしょう。「素振り」をすることによって良いフォームで身体を動かすことができるように練習するのと同様に、翻訳も良い研究のために、あるいは原書を文法に即して精確に読解するための「素振り」なのです。

〔翻訳〕ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』

 ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』は、マルクス資本論』の注の中で参照されている書物の一つです。今年の9月から10月にかけて、この本の翻訳を試みました。

 マルクスの『資本論』における注の付け方はただ単に学問的な装いをしているだけではなく、歴史的に意義のある先行研究を示すことを意図しているように思われます。バーボンの著作もまた、マルクスにとって参照し批判するに値する文献だと考えられたのでしょう。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

〔翻訳〕デステュット・ド・トラシー『観念学要論』

 私は以前からかねがね「イデオロギー」について研究したいと考えてきました。「イデオロジー」という語としてそれが初めて用いられたのは、デステュット・ド・トラシーによると言われています。それゆえ、いつかは「イデオロジー」の原義をトラシーの著作に遡って考えてみたいと思ってきました。ですがトラシーの著作は日本語には翻訳されておりません。そこで私はで、トラシーの『観念学要論』に目をつけ、それを翻訳することにしたのです。

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

sakiya1989.hatenablog.com

おわりに

 今年はこのブログへの訪問者数が倍ぐらい増えました。

 このブログは私の書きたいことを書くことをモットーにしております。なるべくコアな内容を心掛けており、マスに突き刺さらない古典というマニアックなテーマを扱っています。にもかかわらず、お読みいただける機会が増えているというのは、大変光栄なことだと思います。

 来年も一部のコアな層にしか興味を持たれないような内容でぼちぼち更新していく予定なので、そこんところよろしくお願いします。

ヘーゲル『法の哲学』の関連図書

目次

はじめに

 来月、ヘーゲル『法の哲学』(上妻精・佐藤康邦・山田忠彰訳、岩波書店、2021年刊行予定)岩波文庫で発売されるそうです。

訳者の顔ぶれをみる限り、この邦訳はもともと『ヘーゲル全集9a・9b』(岩波書店、2000-2001年)に収められていたものを底本にしていることがわかります。訳者の上妻精(1930-1997)先生と佐藤康邦(1944-2018)先生の両名はすでにお亡くなりになられておりますので、誤植等を除いて訳文じたいが全集版から修正されているということはおそらく考えにくいと思います。

 以下ではヘーゲル『法の哲学』を読むにあたって、初めて読む読者の参考になる関連図書を紹介してみたいと思います。

ヘーゲル『法の哲学』の関連図書

加藤尚武ヘーゲルの「法」哲学』青土社

S・アヴィネリ『ヘーゲルの近代国家論』高柳良治訳、未來社

神山伸弘『ヘーゲル国家学』法政大学出版局

M・リーデルヘーゲル法哲学その成立と構造』福村出版

佐藤康邦『教養のヘーゲル『法の哲学』—国家を哲学するとは何か』三元社

仲正昌樹ヘーゲルを越えるヘーゲル講談社

権左武志『ヘーゲルにおける理性・国家・歴史』岩波書店

荒川幸也「マルクスヘーゲル法哲学批判』のメタクリティーク」

田上孝一編著『権利の哲学入門』社会評論社

以上、ヘーゲル『法の哲学』の関連図書でした。

もちろん他にも優れた論考はたくさんあるのですが、今回は入門者向けということで割愛しました。もっと詳しく知りたい人は『ヘーゲル哲学研究』(こぶし書房)やその他の個別論文もぜひ参照してみてください。では。

文献

ホッブズ『リヴァイアサン』覚書(5)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ホッブズリヴァイアサン』(承前)

序説(承前)

本書の構成

この人工的人間の本性を叙述するために、私は、

 第一に、それの素材 Matter製作者、それらはともに人間である。

 第二に、どのようにして、どういう諸信約によって、それはつくられるか、主権者諸権利および正当な権力あるいは権威 Authority とは何か、そして、何がそれを維持し、解体するか。

 第三に、キリスト教的コモン - ウェルスとは何か。

 さいごに、暗黒の王国とは何か。を考察したい。

(Hobbes1651: 2, 訳38頁)

ここで「第一に、…第二に、…第三に、…さいごに、…」とあるのは、ちょうど『リヴァイアサン』の四部構成に対応している(第一部「人間について」、第二部「コモン - ウェルスについて」、第三部「キリスト教のコモン - ウェルスについて」、第四部「暗黒の王国」)。

 「リヴァイアサン」は「人工的人間」であるが、それが人工的に模倣されるためには、さしあたって模倣される「人間」がどういうものなのかが明らかにされなければならない。本書第一部「人間について」でそれが示される。

 第一部で模倣されるべき「人間」の機構が示されたことで、次に第二部では「いかにして How 」その人間を模倣するのかが課題となる。つまり人間がどうやって生まれ、生活し、死んでいくのかという生命のプロセスと同様に、リヴァイアサンの生成から消滅までのプロセスが第二部で示される。

 『リヴァイアサン』のサブタイトルは「教会的および市民的コモンウェルスの質料、形相、および力 the Matter, Forme, & Power of a Common-wealth Ecclesiastical and Civill 」であるが、このサブタイトルは本書の構成を示している。「素材=質料 Matter 」が主に扱われるのが第一部であるとすれば、「形式=形相 Forme 」と「権力=力 Power 」が主に扱われるのは第二部であるといえる。そして第二部で「市民的コモンウェルス」について扱った後に、第三部では「教会的コモンウェルス」が扱われる次第である。

(つづく)

文献

ホッブズ『リヴァイアサン』覚書(4)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ホッブズリヴァイアサン』(承前)

序説(承前)

人間の機構に擬えられし政治概念
そして、そのなかで、主権 Soveraignty は全身体に生命と運動を与えるのだから、人工のであって、為政者たち Magistrates とその他の司法と行政の役人たちは、人工の関節である。賞罰(それによって主権の地位にむすびつけられて、それぞれの関節と四肢は、自己の義務を遂行するために動かされる)は、神経であって、自然の身体においてと、おなじことをする。すべての個々の構成員の財産は、であり、人民福祉 Salus Populi人民の安全)は、それの業務であり、それが知る必要のあるすべてのことを、それに対して提示する顧問官たちは、記憶であり、公正 Equity諸法律は、人工の理性意志であり、和合健康騒乱病気で、内乱である。さいごに、この政治体の諸部分を、はじめてつくり、あつめ、結合した協定 Pacts信約 Convenants は、創造において神が宣告したあの命令 Fiat すなわち人間をつくろうということばに、似ている。(Hobbes1651: 1, 訳37〜38頁)

「〔協定と信約によって〕この政治体の諸部分がはじめてつくられ、一緒にされて、統一された」とあるが、この一文の中にホッブズの政治体の特徴が示されている。というのも、例えばヘーゲルのような国家有機体論者は、政治体は部分の寄せ集めによって成立するものではないと考えるからである。あるいは人間の機構を真似した部品をいくら寄せ集めたところで人間のような有機体にはならないとヘーゲルは考える。これに対してホッブズの政治体はまったくもってそのような有機体論ではなくて、機械論的であり、自然身体と同一の機能を代替し得る部品の集合体なのである。

 この箇所では、様々な政治概念に対応する人間の機構がそれぞれ示されているわけだが、もちろんそれは前回の「リヴァイアサン」同様メタファーとして、そうなのである。これらの政治概念と人間機構との一致は、ホッブズによってきわめて蓋然性の高いものへと仕上げられて入るものの、あくまでホッブズの洞察に基づくものに過ぎず、こうした一致が適切か否か、はたまたこれらの政治概念がなぜ、いかにしてその機構に対応するといえるのか、その根拠がいまだ明確に示されているわけではない。その点について詳しくは本書を読み進めていくしかないが、さしあたりそれらの政治概念が本文のどこで扱われているのかを下に示しておくことにしよう。

 「主権性 Soveraignty 」については第二部で扱われる*1

 「財産 Riches 」が力であることについては第一部第十章「力、値うち、位階、名誉、ふさわしさについて」で扱われる*2

 「理性 Reason 」については第一部第五章「推理と科学について」で扱われる*3

 「協定 Pacts 」と「信約 Covenants 」については第一部第十四章「第一と第二の自然法について、および契約について」で扱われる*4

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:「この人格をになうものは、主権者とよばれ、主権者権力 Soveraigne Power をもつといわれるのであり、他のすべてのものは、かれの臣民である。」(訳(二)34頁)。

*2:「気前のよさとむすびついた財産もまた、力 Power である。」(Hobbes1651: 41, 訳(一)151頁)。

*3:推理は、われわれの思考をしるしづけ markingあらわす signifying ために同意された一般的諸名辞の連続の計算(すなわちたしひき)にほかならない。」(訳(一)85頁)。

*4:「さらに、契約者の一方が、かれの側では契約されたものをひきわたして、相手を、ある決定された時間ののちにかれのなすべきことを履行するまで放任し、その期間は信頼しておくということも、ありうる。そしてこのばあいは、かれにとってこの契約は、協定 PACT または信約 COVENANT と呼ばれる。」(訳(一)222頁)。

ホッブズ『リヴァイアサン』覚書(3)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ホッブズリヴァイアサン』(承前)

序説(承前)

ホッブズの合理的な「自然」観

技術はさらにすすんで、自然の理性的でもっともすぐれた作品である、人間を模倣する。すなわち、技術によって、コモン-ウェルスあるいは国家ステートラテン語ではキウィタス)とよばれる、あの偉大なリヴァイアサンが、創造されるのであり、それは人工的人間にほかならない。ただしそれは、自然人よりも形がおおきくて力がつよいのであって、自然人をそれが保護し防衛するようにと、意図されている。

(Hobbes1651: 1, 訳37頁)

「人間 Man 」を模倣した「人工的人間」として、「リヴァイアサン」が立ち現れている。ただしこの「人間」とは、機械論的に把握される限りでの「人間」、つまり心臓や神経や関節を発条や紐や歯車のような部品に置き換えることができるような運動体として理解されているような「人間」である。

 そして「自然の理性的でもっともすぐれた作品」という箇所には、「自然」の中に「理性的 Rationall 」なものがある、というホッブズの「自然」観が垣間見える。自然のうちに合理性があるからこそ、それを模倣する意義があるのだ。

近代的な「国家」概念としての「リヴァイアサン

 ホッブズは「リヴァイアサン LEVIATHAN 」の呼び名として「コモンウェルス COMMON-WEALTH 」「国家 STATE 」「キウィタス CIVITAS 」の三つを挙げている。これらの呼び名はいずれも国家共同体のことを指しているとみて間違いない。だが、ホッブズのいう「リヴァイアサン」や「キウィタス」を、古典的な意味でのそれ、すなわち聖書の中の「レヴィアタン」や、古典古代の都市国家(ポリス)等とただちに混同しないよう注意が必要である。というのも、それらに並置されているホッブズの「国家 STATE 」とは、マキアヴェッリ以後の政治概念であり、ホッブズの政治哲学はその系譜に位置しているからである。この点について平子友長は次のように述べている。

 周知のように国家=スタート stato という概念は、十六世紀初頭マキアヴェッリによって初めてヨーロッパにもたらされた全く新しい政治概念であった。

……中略……

 マキアヴェッリによって十六世紀初頭のイタリア半島の政治状況に即して構想されたスタートの思想を、精緻な政治理論として完成させた人がホッブズであった。

 『リヴァイアサン』において、国家の仕事は複数の諸個人がともに「生きること」を可能にする環境を人為的に創出することの一点に絞られた。ホッブズ自身がコモン・ウェルス Common-welath と呼んでいる政治組織は後世ステイト state と呼ばれるものである。ステイトの思想にとって核心的なことは、その構成員が抽象的な「人 man」一般であることにある。理論的には、自然状態において「各人の各人に対する戦争状態」に置かれるすべての諸個人が、民族・原語・ジェンダー・文化等の相違を一切捨象されて、同一のステイトの可能的構成員とされたのであった。彼らに要求された資質は、「死の恐怖」と「自然法」(平和を確立するために万人が同意できる諸条項)を案出する理性的能力だけであった。ステイトの構成員の抽象性に対応して、ステイトにはいかなる地理的限界もない。もちろんホッブズは、現実のステイトが複数存在することを知っていたけれども、それは理論的には自然状態の変形された継続、つまり個人を単位とした戦争状態からステイトを単位とした戦争状態への転換として了解された。

(平子2003)

このような「ステイト」の形成を前提として、十七世紀から十八世紀の西欧においてステイトはネイション・ステイトへと変貌を遂げることとなる。

なぜホッブズは「リヴァイアサン」という呼び名を「国家」概念に与えたのか

 ところでホッブズはなぜ「あの偉大なリヴァイアサン」などと、わざわざ『旧約聖書』に登場する怪物の名を持ち出したのであろうか。この疑問はすでに森康博によって提起されている。

著書『リヴァイアサン』は「コモン - ウェルス」論として展開されているのは明らかで、<リヴァイアサン>の語をあらたに導入する必然性はないように思える。にもかかわらず、なぜホッブズは『旧約聖書』の海獣リヴァイアサン>をもち出してきたのであろうか。その意図は何であろうか。

(森2013: 119)

森はこの問いに対する応答を、いわゆる<王の二つの身体>論と絡めて『法の原理』に遡って探究しているのであるが、最終的にその問いに十分応えられているようには私には思われない。

 先の疑問に対する応答はいくつか考えられうるが、さしあたり「コモンウェルス」「ステート」「キウィタス」等々、それには複数の呼び名が与えられていたこともあり、これらを「リヴァイアサン」という一つの表象の下に統合する必要があったからではないかと私は考える。その表象が読者に伝えているのは、個としての人と比較してのその大きさと、暴力的なまでの圧倒的なであろう。

 この点に関して、川出良枝は「リヴァイアサン」を「メタファー」と解している。

本書のタイトルともなったリヴァイアサンとは、旧約聖書の「ヨブ記」に登場する海の獣である。その力たるや、「剣も槍も、矢も投げ槍も彼を突き刺すことはできない」。この地上に支配者をもたず、「驕り高ぶるものすべてを見下し、誇り高い獣すべての上に君臨している」。ホッブズはこの空想上の怪物を、平和と防衛を人間に保障する絶対的な主権的権力のメタファーとして用いる。

(川出2009)

ホッブズの「リヴァイアサン」が「メタファー」であるという川出の解釈に、筆者も賛同したい。つまり「リヴァイアサン」に込められているのは、ホッブズの巧みな修辞学的戦略なのである。

sakiya1989.hatenablog.com

文献