まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ヘーゲル『法の哲学』覚書:「対外主権性」篇(3)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ヘーゲル『法の哲学』(承前)

対外主権性(承前)

国家の外部性と否定的連関

  第323節

 定在においては,だから,国家が自己に対してもつこの否定的連関は,ある他者がある他者に対してもつ連関として現象し,そして否定的なものが外在的なものであるかのようにして現象する.この否定的連関の実存は,そのために,ある出来事の姿形,外部からやって来る偶然的な諸事件との錯綜という姿形をとる.しかし,その否定的連関は,国家固有の至高の契機——国家におけるあらゆる有限なものの観念性としての国家の現実的無限性——あらゆる個別と特殊に対して絶対的な,生命・所有およびその権利に対して絶対的な,同じくさらなる諸集団に対して絶対的な威力としての実体が,それらの空無性を定在と意識にもたらす側面である.

(Hegel1820: 331,上妻ほか訳336–337頁,訳は改めた)

国家は一つの国家だけで成立しているのではなく,つねに他の諸外国との関係において存在する.これは国家関係の外部性とでも言えば良いだろうか.そして他の諸外国の動向は,一国にとっては常に偶然的な出来事として対峙しなければならない.そして戦争では国家の存亡を賭けて国民は文字通り命懸けで戦わねばならぬ時がある.そのような極限状態では,普段は国家によって保護されているような個人や集団,「生命・所有およびその権利」は「無 Nichtigkeit 」に帰する.ここで「絶対的な威力」とは,要するに国民に対して「国家のために死ね」と要請できる権力のことである.このようにして国家の実体は「絶対的な威力」としては,個人や集団のような実存よりも,自立的な個としての国家という理念的なあり方を重要視する.そのため,個としての国家の存立が危機に瀕するような時には,個人や集団の実存は蔑ろにされてしまうのである.

 ここでは国家の否定的な側面が取り上げられているが,これに対して国家の肯定的な側面については次節で述べられている.

(つづく)

文献

ヘーゲル『法の哲学』覚書:「対外主権性」篇(2)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ヘーゲル『法の哲学』(承前)

対外主権性(承前)

諸国家の独立性と統合の問題

  第322節

 排他的な対゠自゠存在としての個体性は,他の諸国家への関係として現れ,その諸国家のそれぞれが他に対して独立している.この独立性において,現実的精神の対゠自゠存在がその定在をもつのであるから,この独立性は一国民の第一の自由であり,最高の名誉である.

(Hegel1820: 330,上妻ほか訳335–336頁)

概ね前節と同様の内容であるが,前節では国家がまさに「排他的な対゠自゠存在としての個体性」であることが示されたのに対して,ここではそうした一つの自立した個としての国家が「他の諸国家との関係 Verhältniß zu andern Staaten 」においても同様であることが示されている.

 しかし,一つの国家が個として独立しているということは,ある意味で厄介な問題を孕んでいる.というのも,それによって諸国家の統合というのは容易ならざるものであるからだ.この点については,同節の注解で言及されている.

 多かれ少なかれ独立した一国家をつくりなして,それ自身の中心をもつような統合体が望ましいと語るひとびとは,——他国とともにひとつの全体を形成するために,みずからのこのような中心点とその独立性を失うことが望ましいと語るひとびとは——,統合体の本性と一国民がその自主独立においてもつ自己感情についてほとんど知らないのである.——したがって,国家が歴史的に出現するさいの最初の権力は,たとえまったく抽象的であって,何らそれ以上の内的発展をもたないにせよ,そもそもこの独立性なのである.それゆえに,国家のこの原初の現象には,家父長,族長等々といった一個人がその〔権力の〕頂点にたつことが属している.

(Hegel1820: 330–331,上妻ほか訳336頁)

要するにドイツの諸邦はそれぞれに独立した中心点を持っているのだから,それらの個々に独立した中心点を捨ててひとつの全体を成そうとすれば,それは中心点を失うと同時に独立性の側面をも失ってしまうことになるのである.しかしながら,個としての独立性なくして対外主権性もまたあり得ないのである.(ちなみにここで後半の国家の「原初の現象」すなわち国家の樹立に関する議論については,本書C「世界史」の第394節以下で詳しく述べられているので割愛する.)

 坂本清子(?–2004)は当時のドイツの状況について次のように述べている.

フランス革命後のドイツでは,多数の領邦国家に分立している「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」の現状を何かの欠如あるいはF. ハルトゥングの言う「帝国国制の欠陥」とする意識が顕著になっていた。ウェストファリア条約(1648年)によって帝国等族(Reichsstädte)が国家主権を獲得してドイツの小国分立体制が法的に固定化されたという事実だけでなく,意識の上でも領土や領邦のレベルを超えた何か「全体」を喪失しているということが認識されたのである.

(坂本1993:2)

ヘーゲルの時代にはドイツの諸邦はまだ統一されておらず,実際のドイツ統一が成し遂げられるのはもっと後のことであった.1870年の普仏戦争を経て,1871年ドイツ帝国の成立をゴールとするならば,ヘーゲルの時代はまだまだナショナリズム運動の黎明期に差し掛かった頃である.フィヒテの講演『ドイツ国民に告ぐ』(1807-8年)はその先駆けであり,さらに1815年に結成された学生の結社ブルシェンシャフトは自由主義ナショナリズムを主張したが,1819年にブルシェンシャフトの急進派であったカール・ザントが保守派のコッツェブーを殺害した事件により,カールスバード決議をもってブルシェンシャフトは徹底的に弾圧されることになる.こうした過激な事件のこともあるから,ヘーゲルとブルシェンシャフトとの関わりを描くことは微妙に難しいが,概ねヘーゲルはブルシェンシャフト運動には強い関心を持っていたとされる.

 とりわけ,なんの義務もないのに,かれは学生連盟の問題にたえず関わりをもっている.

……(中略)……

 学生連盟に対するヘーゲルの関心,「扇動家」訴訟問題における執拗なとりなし,あるいはまた「クーザン事件」への関与は,あらゆる種類の秘密の会合を想定させるであろう.

(ドント2001:432).

先の諸国家の統一の困難さについて語るヘーゲルにとって,それを目指すブルシェンシャフトは,ともすればその困難さを埋め合わせるほどの熱量を持った無視できない存在だったのではないかと思われる.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

ヘーゲル『法の哲学』覚書:「対外主権性」篇(1)

目次

はじめに

 以下では,ヘーゲル『法の哲学』第三部「人倫」第三章「国家」A「国内法」II「対外主権性」を取り扱う.

ヘーゲル『法の哲学』

対外主権性

個体性としての対外主権性

   II.

 対外主権性

  第321節

 対内主権性(第278節)がこのような観念性であるのは,精神の諸契機と精神の現実性すなわち国家の諸契機が,それらの必然性において展開されて,国家の分肢として存立するかぎりにおいてである.しかし,自由における,自分への無限に否定的な関係として精神は,同じく本質的に対゠自゠存在であり,これは,存立している区別を自分のうちに取り込んでしまっており,したがって,排他的である.国家はこの規定において個体性を具える.そしてこの個体性は本質的に個体として存在し,そして主権者において現実的で,直接的な個体として存在する(第279節).

(Hegel1820: 330,上妻ほか訳335頁)

最初の一文が「対内主権性 Souverainetät nach Innen 」(第278節)の振り返りであるのに対して,「しかし Aber 」以下の文章は「対外主権性」(Souverainetät gegen Aussen*1について述べたものだといえる.「このような観念性 diese Idealität 」については第276節にも詳しい.

 ここでは「対゠自゠存在」「排他的」「個体性」といった語によって「対外主権性」が特徴づけられている.要するに,「対内主権性」では君主権や統治権立法権などの詳細な諸々の区別が展開されていったが,「対外主権性」の場面ではそれらの区別が一括りにされて,ひとつの自立的な個として登場するのである.

 さらにヘーゲルは「必然性 Nothwendigkeit 」と「自由 Freiheit 」という言葉を用いている.すなわち「対内主権性」は君主権や統治権立法権といった契機は論理必然的に展開されたが,「対外主権性」は自立した個として存在するがゆえに,同様に他の自立した個として存在する他国に対して「自由」に振る舞うことができるのである.

 ここで参照指示されている第279節を見ると,そこには「君主 Monarch 」が登場する.したがって,上で「現実的で,直接的な個体」と呼ばれているのは具体的には「君主」のことである.「君主」が「現実的で,直接的な個体」と言われる所以は,彼が国民から恣意的に選ばれた存在ではなく,直系の継嗣として「主権者」の身分をその生まれから自然な肉体によって体現する存在であるからである.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ここでヘーゲルは表題を"Souverainetät nach Außen"ではなく"Souverainetät gegen Außen"としている.ただし別の箇所では「対外〔主権性〕 die nach Außen s. 」(第278節注解)と述べている.

現状と課題

 最近は仕事上の課題が立て込んでおり、おそらく再来週までは、とてもじゃないが落ち着いて哲学など出来る状態ではない。

 仕事上の課題とは、通常業務に関するものではなくて、今後のターニングポイントになり得るような私個人のキャリアに関わることである。今週末までにはそのスライドを作成しなければならない。しかし、そのスライドが上手くいっていないように感じている。

 この上手くいかなさは既視感がある。修論を書いていたM2の頃のことだ。若きマルクスの草稿『ヘーゲル国法論批判』をテクスト内在的に何度読み返しても、ヘーゲルに対するマルクスの浅薄な批判しか読み取ることができなかった。ことがらの悪い点を見出すことよりも、良い点を見出すことの方がより難しいと言われる。だが、マルクスの肯定的な部分を取り出そうとしても、当時の私にはどうしてもそれができなかった。解決策が見えないままM3になった。

 結局、修論が上手くいかないことで就活を始めたことは良い気分転換になったし、後輩の影響で読み始めたアーレントの『人間の条件』は目から鱗が落ちるほど、修論を進めるためのきっかけになった。上手くいかなかった歯車が回り始めた。

 最終的に修論では、マルクスヘーゲル批判に肯定的な部分を見出すことができないことを率直に書く内容になった。それはもちろんマルクスの批判の論理を理解した上で、それでも自分が同意できない議論を明確化する作業だった。マルクスを批判することは私自身の中で勇気のいる作業であったし、その作業と同時に、マルクスを研究対象としたことに対して父親から繰り返し強く非難され続けねばならなかったことは、その後今の会社で働き始めた後もしばらく精神的な不調を来す原因になった。

 話を戻すと、今の私は、M2の頃に上手く修論が書けなかったのと同じような状況にあり、根本的に方針を変えないとおそらく失敗するであろうという既視感を抱いている。幸いまだ日にちがあるが、おそらくなるようにしかならないだろう。

 M2の頃の私には「このテクストが分からない」ということがすでに分かっていた。「分からない」ということが答えだったのだ。答えにはもう気づいているはずなのだから、あとはその答えを受け入れられさえすれば良いのだと思う。

マルクス『資本論』覚書(14)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

マルクス資本論』(承前)

第一部 資本の生産過程(承前)

労働の測度単位としての単純平均労働

 次の箇所もドイツ語初版とドイツ語第二版以降とでは明らかに文章が異なるので,それぞれ個別に考察していこう.

(1)ドイツ語初版

 価値としては商品は結晶化した労働に他ならない.労働の測度単位そのものは単純平均労働であり,その〔単純平均労働の〕性格は,たしかに多様な国々や文化時代において変化するが,眼前の一社会では所与である.より複雑な労働は,冪乗の〔単純労働〕あるいはむしろ乗数の単純労働としてのみ通用するのであって,例えば,複雑労働のより小さな量は単純労働のより大きな量と等しい.この還元がいかにして調整されるのかということは,ここではどうでもよい.その還元が絶えず行われていることは,経験が示している.ある商品は,最も複雑な労働の生産物である可能性がある.その価値はそれ〔商品〕を単純労働生産物と等置して,そのためにそれ自体ただ単純労働の一定量だけを表現している.

(Marx1867: 4)

マルクスによれば,商品を価値として考察した場合,商品は「単純平均労働」という「労働の測度単位」に還元されるという.この「単純平均労働」を適切に扱うためには,第一に,その「平均」の母数がどの範囲にまで及ぶものなのか,そして第二に,「単純」というからにはそれに対する「複雑」なものはどのように扱われるのかが問題となり得る.

 第一に,この「単純平均労働」は,絶対的な値ではない.それは「多様な国々や文化時代において変化する」のである.しかし,「単純平均労働」が,地域や文化背景によって様々に変化する変数であるということは,それを取り扱うことができないことを意味しない.というのも,それが「眼前の一社会では所与である」以上,イングランドやフランスなどの特定の社会に考察を限定すれば,定数として取り扱うことが可能だからである.

 第二に,「より複雑な労働」といえども,これは結局のところ「単純平均労働」に還元可能である.というのも,マルクスが「より複雑な労働は,冪乗の potenzirte あるいはむしろ乗数の multiplicirte 単純労働としてのみ通用する」と述べているように,「より複雑な労働」はいくつかの「単純労働」を掛け合わせたものに分解できるからである.

(つづく)

文献

〔翻訳〕ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』(19)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』(承前)

貨幣,およびいくつかの鋳貨の額面について(承前)

名目価値と実質価値のズレ

 For the better answering this Question, it will be necessary to discourse in general of Money, and the Par of the several Coins.

 Money is a Value given to a piece of Metal by the Stamp of Publick Authority, which is commonly greater than the Value of the Metal that bears the Impression.

 The Value of each piece of Money is known by the difference of the Stamp, Size and Colour of the piece.

 この問題に対してより適切に回答するためには,貨幣の一般的なものと,そしていくつかの鋳貨の額面について論究する必要があるだろう.

 貨幣とは,公的権威の刻印によって金属の一個片に与えられた価値〔Value〕であり,これは通常,その押印を持つ金属の価値よりも大きい.

 それぞれの貨幣の各個片の価値は,その各個片の刻印・大きさ・色の違いによって知られる.

(Barbon1696: 13)

バーボンが先に挙げていた問題提起に照らし合わせてみよう.バーボンは先にロックの著作から次の一文を引用していた.

貨幣が鋳造されていない銀と異なる唯一の点は,貨幣の量目と純度との公的保証としてそこにふされている刻印によって,貨幣の各個片に含まれる銀のが確認される点にある.(Locke1695: 22-23,田中・竹本訳246頁)

ロックによれば,政府による公的保証の刻印された貨幣は,その刻印からその鋳貨のうちに物理的に含有されている銀の量が確認できるという.しかし,バーボンはこの点に引っかかりを感じている.というのも,盗削(clipping)や改鋳によって銀の含有量が貨幣から減らされてしまうことによって,政府がその額面に保証している銀の含有量よりも実際には少ないことになり,その結果,鋳貨の各個片の額面(政府が保証する名目価値)と価値(その貨幣に実際に含有されている金属の価値)との間には,個々にズレが生じるからである.この意味でバーボンは「貨幣とは,公的権威の刻印によって金属の一個片に与えられた価値であり,これは通常,その押印を持つ金属の価値よりも大きい」(Barbon1696: 13)と述べているのである.

(つづく)

文献

〔翻訳〕ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』(18)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ニコラス・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する論究』(承前)

貨幣,およびいくつかの鋳貨の額面について(承前)

ロック貨幣論への問題提起

The Question betwixt us here will be, Whether Money has its sole Value from the Quantity of Silver in each piece of Coin? Or whether Money has not some Value from the Authority of the Government where it is Coin’d, above the Value of the Silver in each piece?

ここで我々のあいだの問題は,次の通りであろう.すなわち,貨幣が唯一その価値を持つのは,鋳貨の各個片に含まれる銀の量によるものであろうか?もしくは,貨幣は,それが鋳造されるところの政府の権威によって,各個片に含まれる銀の価値をも上回る何らかの価値を持つのではないか?

(Barbon1696: 12)

ここでバーボンはロックの貨幣論に対して次のような問題提起を行っている.

 第一に,「貨幣が唯一その価値を持つのは,鋳貨の各個片に含まれる銀の量によるものである」と考える場合には,その仮説は貨幣数量説に依拠していることになる.

 第二に「貨幣は,それが鋳造されるところの政府の権威によって,各個片に含まれる銀の価値をも上回る何らかの価値を持つ」と考える場合には,国家による貨幣への烙印が価値を生むと考えている点で,価値を単なる数量には還元できないという問題を含んでいることになる.

 第一の見解がロックの立場,第二の見解がバーボンの立場を表している.この点については続きを読むことで次第になっていくであろう.

sakiya1989.hatenablog.com

文献