まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ライプニッツ

ライプニッツ『モナドロジー』覚書(4)

目次 ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 〈事物の要素〉としての「モナド」 文献 sakiya1989.hatenablog.com ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 〈事物の要素〉としての「モナド」 (1)エルトマン版(1839年) (2)ゲルハルト版(1885年) 3 さ…

ライプニッツ『モナドロジー』覚書(3)

目次 ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 「単純な実体」の〈集合〉としての「複合体」 文献 sakiya1989.hatenablog.com ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 「単純な実体」の〈集合〉としての「複合体」 (1)エルトマン版(1839年) (2)ゲルハル…

ライプニッツ『モナドロジー』覚書(2)

目次 ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 「単純な実体」としての「モナド」 文献 sakiya1989.hatenablog.com ライプニッツ『モナドロジー』(承前) 「単純な実体」としての「モナド」 (1)エルトマン版(1839年) (2)ゲルハルト版(1885年) 1 私…

ライプニッツ『モナドロジー』覚書(1)

目次 はじめに ライプニッツ『モナドロジー』 いわゆる『モナドロジー』 文献 はじめに 本稿では,ライプニッツ『モナドロジー』のフランス語原文をエルトマン版(1839年)とゲルハルト版(1885年)の両方で確認しつつ,最初のドイツ語訳であるケーラー訳(1…