まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

オリエンタリズム

サイード『オリエンタリズム』覚書(6)

目次 (承前)序説(二) 〈オリエント〉の「オリエント化」におけるヘゲモニー関係 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(二) 〈オリエント〉の「オリエント化」におけるヘゲモニー関係 前回このパラグラフに登場する「ヘゲモニー」概念を取り上…

サイード『オリエンタリズム』覚書(5)

目次 (承前)序説(二) サイードの〈オリエント〉とグラムシの「ヘゲモニー」 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(二) サイードの〈オリエント〉とグラムシの「ヘゲモニー」 サイードが示す〈オリエント〉理解のための第二の留保条件は次のよ…

サイード『オリエンタリズム』覚書(4)

目次 (承前)序説(二) 〈オリエント〉に関する三つの留保(その一) 〈オリエント〉についての諸観念の星座的付置 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(二) 〈オリエント〉に関する三つの留保(その一) サイードは〈オリエント〉を理解するに…

サイード『オリエンタリズム』覚書(3)

目次 序説(二) 「オリエント」とヴィーコの「原理」 文献 sakiya1989.hatenablog.com 序説(二) 「オリエント」とヴィーコの「原理」 サイードはヴィーコの「原理」を「オリエント」の解明へと応用する。 I have begun with the assumption that the Orie…

サイード『オリエンタリズム』覚書(2)

目次 (承前)序説(一) 〈オリエンタリズム〉の第三の意味:「オリエントを支配し再構成し、威圧するための西洋の様式」としての〈オリエンタリズム〉 フーコーの「言説」概念の援用 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(一) 〈オリエンタリズ…

サイード『オリエンタリズム』覚書(1)

目次 はじめに 序説(一) "European Western" は「西洋人」か 〈オリエンタリズム〉の第一の意味:「学術的(アカデミック)」なものとしての〈オリエンタリズム〉 〈オリエンタリズム〉の第二の意味:「存在論的・認識論的区別にもとづく思考様式」として…

ルソー『言語起源論』覚書(3)

目次 第七章 近代の韻律法について 第八章 諸言語の起源における一般的および地域的差異 第九章 南方の諸言語の形成 文献 sakiya1989.hatenablog.com 第七章 近代の韻律法について かつての非文字社会の言語には「抑揚」があったが、文字表記と文法を備えた…