まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

マルクス『資本論』覚書(19)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

マルクス資本論』(承前)

第一部 資本の生産過程(承前)

〈労働生産力〉の様々な複合的諸要因

(1)ドイツ語初版

 そのため,ある商品の価値の大きさは,その生産に要する労働時間が一定であれば,一定である.しかし,後者〔労働時間〕は,労働生産力に変動があれば,そのつど変動する.労働生産力は多種多様な事情によって規定されており,なかでも特に労働者の技能の平均度,科学とその技術的応用可能性との発展段階,生産過程の社会的結合,生産手段の規模と作用能力,そして自然環境によって,規定されている.同量の労働でも,例えば,豊作のときには八ブッシェルの小麦に表現され,凶作のときには四ブッシェルの小麦にしか表現されない.同量の労働でも,豊かな鉱山では貧しい鉱山でよりも多くの金属を産出する,等々.

(Marx1867: 6)

(2)ドイツ語第二版

 そのため,ある商品の価値の大きさは,その生産に要する労働時間が一定であれば,一定である.しかし,後者〔労働時間〕は,労働生産力に変動があれば,そのつど変動する.労働生産力は多種多様な事情によって規定されており,なかでも特に労働者の技能の平均度,科学とその技術的応用可能性との発展段階,生産過程の社会的結合,生産手段の規模と作用能力,そして自然環境によって,規定されている.同量の労働でも,例えば,豊作のときには八ブッシェルの小麦に表現され,凶作のときには四ブッシェルの小麦にしか表現されない.同量の労働でも,豊かな鉱山では貧しい鉱山でよりも多くの金属を産出する,等々.

(Marx1872a: 14-15)

(3)フランス語版

 ある商品の価値量は,その生産に要する時間が一定であれば,当然ながら一定である.だがこの労働時間は,労働生産力に変動があれば,そのつど変動する.労働生産力は多種多様な事情によって規定されており,なかでも特に労働者の技能の平均度,科学の発展とその技術的応用の度合い,生産の社会的結合,生産手段の範囲と効率,そして純粋に自然条件によって,規定されている.同量の労働でも,例えば,豊作のときには八ブッシェルの小麦に表現され,凶作のときには四ブッシェルの小麦にしか表現されない.同量の労働でも,豊かな鉱山では貧しい鉱山でよりも多くの金属を供給する,等々.

(Marx1872b: 15)

(4)ドイツ語第三版

 そのため,ある商品の価値の大きさは,その生産に要する労働時間が一定であれば,一定である.しかし,後者〔労働時間〕は,労働生産力に変動があれば,そのつど変動する.労働生産力は多種多様な事情によって規定されており,なかでも特に労働者の技能の平均度,科学とその技術的応用可能性との発展段階,生産過程の社会的結合,生産手段の規模と作用能力,そして自然環境によって,規定されている.同量の労働でも,例えば,豊作のときには八ブッシェルの小麦に表現され,凶作のときには四ブッシェルの小麦にしか表現されない.同量の労働でも,豊かな鉱山では貧しい鉱山でよりも多くの金属を産出する,等々.

(Marx1883: 7,岡崎訳(1)80頁)

ここでマルクスは「労働時間」というに影響を与える〈労働生産力〉というの諸要因について言及している.「ある商品の生産に要する労働時間」は,例えば8時間や9時間のような一定の量として計測される.だが,同じ8時間や9時間の労働であっても,労働の質によって生産性は変化する.この労働の質のことを〈労働生産力 Produktivkraft der Arbeit〉とマルクスは呼ぶ.〈労働生産力〉は「労働者の技能の平均度,科学とその技術的応用可能性との発展段階,生産過程の社会的結合,生産手段の規模と作用能力,そして自然環境」といった様々な複合的な諸要因によって変動する.〈労働生産力〉の良し悪しは,その内的要因としてはその国のいわば文明化の度合いに依存しているが,同時に,その外的要因としては.小麦や鉱山の例に見られるように気候や土壌などの〈自然環境 Naturverhältnisses〉に影響を受ける.

sakiya1989.hatenablog.com

文献