まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

ヴィーコ『新しい学』覚書(14)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)著作の観念

「質料」と「形式」

続きを読みます。

そしてそこに諸国民すべての歴史時間の中を経過するさいの根底に存在している永遠の理念的な歴史の素描を発見することによって、それを知識の形式にまで連れ戻す。

(Vico 1744:6、訳25頁)

ここで「知識」と訳されている原語はScienzaであり、これは本書のタイトル『新しい学の諸原理』の「学」のことです。なので、これは「学」と訳しても良かったのではないかと思います。

 なお「形式 forma 」は、アリストテレス的な用法で、「質料」と関わりを持ちます。例えば、『新しい学』第一巻「原理の確立」第二部「要素について」の冒頭で次のように述べられています。

したがって、これまで年表の上に配列してきた質料〔素材〕形式をあたえるために、わたしたちはいまここに、つぎのような哲学上ならびに文献学上公理と、若干の合理的で適当とおもわれる要請とを、いくつかの明確になった定義とともに提示しておく。これらは、あたかも生物の体内を血液がめぐるように、この学の内部を流れめぐり、この学諸国民の共通の自然本性について推理することがらの全体にわたって、この学に生命をあたえてくれるはずのものなのである。

(Vico 1744:72、訳158頁)

ここで「形式 forma 」と「質料 materie 」はイタリックで強調していることからも分かる通りアリストテレス的な用語法で用いられていることがわかります。『新しい学』第一巻第二部以降で「学の形式」を与えられるところの「質料」については、第一巻第一部「年表への注記——ここにおいて質料〔素材〕の配列がなされる——」で叙述されるという構造になっています。

 ちなみにここでヴィーコは「公理」のことを"Assiomi, o Degnità"というように言い換えていますが、ヴェリーンによれば、この箇所は『新しい学』でassiomaをdegnitaと等置した唯一の箇所だそうです*1。ヴェリーンはユークリッドの『原論』、ニュートンの『プリンキピア』、そしてアリストテレスの『分析論後書』に言及した後で次のように述べています。

ヴィーコは自らの諸公理を哲学的で文献学的なものの両方として叙述している。しかしながら、ヴィーコが新しい学が幾何学的な思考法に基づいていると主張するにもかかわらず、彼の諸公理は決して自明なものでも演繹的なものでもない。それらの諸公理は、原理としては諸国民の共通の自然本性を把握するのに最も偉大な価値を有しており、そして最も必要性があって、適切なものと考えられるかもしれない。それらの諸公理は、「トポス」(τόποι)つまりコモンプレイス〔ありふれた場所:常套句〕——新しい学の特殊性を秩序づける諸原理はここから引き出されうる——の地位を有している。

(Venere 2015:255)

幾何学」と〈製作者〉の思想

 たしかに「公理」や「定義」といったワードを見ると、ユークリッド幾何学のような方法が想起されます。実際、ヴィーコは『新しい学』第一巻第四部「方法について」では、「永遠の理念的な歴史」とともに「幾何学」についても次のように言及しています。

それゆえ、この学は同時に、諸国民すべての歴史がかれらの勃興、前進、停止、衰退、終焉にわたって時間の中を経過していくさいの根底に存在しているひとつの永遠の理念的な歴史を描きだすことになる。それどころか、わたしたちはさらに一歩を進めて断言したいのだが、この学を省察する者がこの永遠の理念的な歴史を自分自身に語るのは、この諸国民の世界はたしかに人間たちによって作られてきたのであり(これはここでさきに立てられた疑いえない第一原理である、それゆえ、それの〔生成の〕様式はわたしたちの人間の知性自体の諸様態の内部に見いだされるべきであるので、その〈なければならなかったのであり、ならないのであり、ならないであろう〉という証明のなかで、彼自身がそれを自分の前に作りだしてみせるかぎりにおいてなのだ。なぜなら、事物を作る者自身がそれらについて語るとき、そのときほど話が確実なことはありえないからである。こうして、幾何学がそれの諸要素にもとづいて大きさの世界を構成したり観照したりするとき、それはその世界をみずから自分の前に作りだしているわけであるが、この学もまさしく幾何学と同様の行き方をすることになる。ただし、人間たちの事蹟にかんするもろもろの秩序には点、線、面、図形以上に実在性があるだけに、そこには、それだけいっそう多くの実在性がともなっている。そして、このこと自体が、そのような証明は一種神的なものであって、読者よ、あなたに神的な喜悦をもたらすにちがいないということの論拠になる。それというのも、神においては認識することと製作することとは同一のことがらであるからである。

(Vico 1744:124-125、訳269〜270頁)

ヴィーコが「永遠の理念的な歴史」を我々人間が語りうると考えるのは、それを作ってきたのが我々人間だからです。ここで人間はその歴史に関しては造物主たる神と同じ地位へと引き上げられています。ヴィーコは製作者の技法を「幾何学*2になぞらえているわけですが、〈製作者〉だけが真の意味で(いわば「神的に」)認識しているというのはヴィーコの思想としてよく知られているものであり、これを仮に〈製作者〉の思想とでも呼んでおきましょう。ヴィーコのこのような〈製作者〉の思想は、マルクスやサイードといった偉大な思想家に大きな影響を与えています。〈製作者〉の思想は、俗な例え方をするならば、見事なプログラミングのコードを書いた人だけが最もよく理解している、というようなものかもしれません。ただしヴィーコ幾何学と人間に関する事柄との違いについても述べており、その違いは「実在性(リアリティ)」の多様性にあるといいます。

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:"Vico uses assioma only once in the New Science, and he equates it with degnità."(Venere 2015:254).

*2:ヴィーコは『自伝』の中で幾何学学習の効用について語っている。詳しくは「ヴィーコのクリティカとトピカ」を参照のこと。