まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

スピノザ『エチカ』覚書(10)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)第一部 神について

自然と実体

 定理五では「自然」と「実体」との関係について述べられている。

定理五

 自然のうちには同一本性あるいは同一属性を有する二つあるいは多数の実体は存在しえない。

証明

 もし異なった多数の実体が存在するとしたら、それらは属性の相違によってかそうでなければ変状の相違によって区別されなければならぬであろう(前定理により)。もし単に属性の相違によって区別されるなら、そのことからすでに、同一属性を有する実体は一つしか存在しないことが容認される。これに反して、もし変状の相違によって区別されるなら、実体は本性上その変状に先立つのだから(定理一により)、変状を考えに入れず実体をそれ自体で考察すれば、言いかえれば(定義三および公理六により)実体を正しく考察すれば、それは他と異なるものと考えられることはできない。すなわち(前定理により)同一属性を有する実体は多数存在しえず、ただ一つのみ存在しうる。Q.E.D.

Spinoza 1677:4、訳40〜41頁、斜体引用者)

ここでは"In rerum natura"が「自然のうちには」と訳されている。"rerum"は第五格変化名詞 rēs, reī f. (こと、物)の複数・属格であり、「物の〜」という意味になる。したがって、"In rerum natura"は、字義通りには「事物〔万物〕の自然のうちには」と訳せるが、訳者は"rerum natura"をただ単に「自然」と訳しても同義だと判断したのだろう。

 「事物〔万物〕の自然」は、ニュアンスとしては「森羅万象」(この世のあらゆる物事)のようなイメージに近いかもしれない。この「羅万象」のイメージを、後の部門で登場する有名な「神即自然」と掛け合わせると、それはもはや〈-羅万象しんらばんしょう〉だと言えるかもしれない。

 以前の定理では複数の実体が存在する場合について考察を進めてきたが、ここでは神羅万象に内在する「実体」は一つのみであり、すべて「同一本性」「同一属性」を有していることが述べられている。もし他の実体が存在するとすれば、「事物の自然」の外側にあると考えられる。だが、「事物の自然」の外側を思考することは可能であろうか。

「定義三および公理六」?

 ちなみに「(定義三および公理六により)」と訳されている部分について触れておくと、原文には"axiom."が見つからない。これは後の校訂版で付加されたのだろうか*1

 文字通りにはここでは定義六を指し示しているはずである。では、内容的には定義六と公理六のどちらがふさわしいであろうか。

〔定義〕

六 神とは、絶対に無限なる実有、言いかえればおのおのが永遠・無限の本質を表現する無限に多くの属性から成っている実体、と解する。

Spinoza 1677:1、訳38頁)

〔公理〕

六 真の観念はその対象〔観念されたもの〕と一致しなければならぬ。 (Spinoza 1677:3、訳39頁)

定理五の証明の「 (定義三および公理六により)」の前後を見ても、実体とその変状についての考察について言及されているだけで、公理六の「真の観念」と関わるところがない。つまり内容的に見て、実体とその変状の考察に密接に関係するのは、定義六の方であって公理六ではない。ということは、"axiom."がいつのまにかテクストに間違って付加され、これまで『エチカ』が度々出版されてきたのではないだろうか。

各国語版『エチカ』の比較対照

 Google Booksで各国語訳を覗いてみたので、以下にメモとして貼っておく。

フランス語版『エチカ』(1842年)

フランス語版『エチカ』(Émile Saisset訳『スピノザ 著作集』第二巻、1842年)には「公理」の文字は見当たらなかった。

英語版『エチカ』(1891年)

英語版『エチカ』(R.H.M. Elwes訳、改訂版、1891年)には「公理」の文字は確認できなかった。

オランダ語版『エチカ』(1895年)

オランダ語版『エチカ』(H. Gorter訳、1895年)には「公理 ax. 」の文字が確認できた。そこでオランダ語版をもっと遡ってみることにする。

オランダ語版『エチカ』(1677年)

最初のオランダ語版『エチカ』(オランダ語訳『遺稿集』、1677年)は、ラテン語版『遺稿集』と同時期に出版されている。こちらにもラテン語版と同様に「公理」の文字がない。

 畠中尚志は「『エチカ』について」(スピノザ 1951=1975)の中で、ラテン語版遺稿集とオランダ語訳遺稿集における『エチカ』の相違について次のように述べている。

オランダ語訳遺稿集における『エチカ』は、ラテン語遺稿集の『エチカ』すなわち原版『エチカ』とは独立して、スピノザ自身の原稿からーーしかも原盤『エチカ』よりやや古い別な原稿から訳されたものであると考証されるから、その利用は『エチカ』の本文批判テキスト・クリティーに欠くべからざるものである。もっと詳しく言えば、スピノザの死の以前『エチカ』の一原稿から友人によってオランダ語に訳されつつあったものがオランダ語訳遺稿集の『エチカ』として現われ、そのオランダ語訳の基となったラテン語原稿にスピノザが生前自ら手を入れて決定的にしたものが遺稿集の『エチカ』すなわち原版『エチカ』として現われているのである。原版『エチカ』とオランダ語訳『エチカ』との相違個所は、ゲプハルトによれば、一五六個所以上に及ぶという。このうち原版『エチカ』のみにあってオランダ語訳『エチカ』にない個所は、スピノザが生前最後の原稿においてそう付加あるいは改作したのであってむろんそれが決定的形態とされるべきであり、オランダ語訳『エチカ』はその点何の権威も主張することができない。オランダ語訳『エチカ』の利用の意義は、原版『エチカ』との些少の相違——それは原稿の誤記や出版の際の誤植や編集者の粗漏から原版『エチカ』のほうが正しくない場合もありうる——を通してしばしば原版『エチカ』の不備な箇所を是正し、またかなり多くの疑わしい個所について決定的形態を確立するのに役立つことである。さらに従来不完全な形で伝わっていると考えられた個所、あるいは研究者たちによって単なる推定に基づき訂正の提案がなされている個所は、もしその個所が原版『エチカ』と同じようにオランダ語訳『エチカ』にもそうあったとしたら、少なくともスピノザ自身は二度原稿にそう書いたのだから、我々はそれを決定的形態として保持しなければならぬことになる。

スピノザ 1951=1975:25〜26、強調引用者)

少なくとも1677年に出版されたラテン語版(原版)『エチカ』とオランダ語版『エチカ』の両方において、先の第一部定理五証明のうちに「公理」の文言はなかったのであるから、現在流通しているテクストは訂正を求められるのではないだろうか。

(つづく)

文献

*1:畠中訳だけでなく、工藤・斉藤訳(スピノザ 2007)でも「〔定義三と公理六により〕」と訳されている。