まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

憲法改正・統一教会・民主主義

 先日射殺された安倍晋三(1954-2022)元首相は,亡くなる5日前に千葉で行った講演の中でも憲法改正(以下,「改憲」と略記)の必要性を力説していた*1改憲に関して岸田文雄(1957-)現首相は,安倍晋三改憲についての「思いを受け継ぎ、果たせなかった難題に取り組んでいく」と述べ,「できるだけ早く発議に至る取り組みを進めていく」と述べた*2安倍氏の死をトリガーとして,今後,改憲の動きが加速する可能性がある.

 加えて,安倍氏を射殺した山上徹也容疑者が「『統一教会』に恨みがあり、安倍元首相が近しい関係にあると思ってねらった」との発言を受けて,安倍晋三をはじめとする自民党政治家とカルト教団のいわゆる「統一教会(協会)」*3との癒着の問題が取り沙汰されている*4

 今回の安倍氏射殺事件を受けて,テロまたは暴力行為による「民主主義の危機」を喧伝する動きが見受けられたが,筆者は,第三次安倍内閣時代(2014-2015年)に取り決めが行われた平和安全法制*5違憲立法のほうがまさに「民主主義の危機」として問題だと考えている.山上氏による安倍氏殺害という違法行為については,刑法という国内法の正規の手続きにより,山上氏を現行法の下で処罰可能である.が,これに対して,代議制民主主義によって選ばれた政府による憲法または法の蹂躙は,何人たりとも処罰不可能な違憲行為だからである.

 政府は,マジョリティに支持されて選ばれた存在であるからといって,憲法を超越して権力(Gewalt)を行使しても良いのではない.民主主義にとって脅威になり得るのは,単なる物理的暴力(Gewalt)ではなく,政治的権力(Gewalt)の濫用である.後者の代表格が安倍内閣であった.岸田内閣による改憲の動きがある以上,今改めてこのことがまさに問題とされなければならない.

*1:「安倍氏,5日前に千葉で講演 「憲法改正しかない」」(産経新聞,2022/7/8 19:48).

*2:「憲法改正「安倍氏の思い引き継ぐ」 岸田首相 投開票受け会見 物価高対策「上乗せ」も具体策は言及避ける<参院選2022>」(東京新聞,2022年7月11日 21時56分).

*3:旧「世界基督教統一神霊協会」(通称「統一教会(協会)」),現「世界平和統一家庭連合」(通称「家庭連合」).

*4:鈴木エイト「「安倍氏は三代にわたって付き合いがあった」マスコミが書かない山上容疑者・統一教会・自民党をつなぐ点と線」(PRESIDENT Online, 2022/07/13 15:00).

*5:「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律(平成27年(2015年)9月30日法律第76号)」(通称 平和安全法制整備法)と「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律(平成27年9月30日法律第77号)」(通称 国際平和支援法)の総称.

『共産党宣言』覚書(4)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

共産党宣言』初版(23ページ本)(承前)

第一章 ブルジョアとプロレタリア(承前)

階級対立の単純化という近代市民社会の特徴

 歴史の早い諸時期には,われわれは,ほとんどどこでも社会が種々の身分に,社会的地位のさまざまの段階に,完全にわかれているのを見出す.古ローマにおいては,都市貴族,騎兵,平民,奴隷に,中世においては,封建君主,家臣,ギルド組合員,職人,農奴にわかれていた.なおそのうえ,これらの階級の一つ一つのなかが,たいていまた別々の階層にわかれていた.

 封建社会の没落から生れた近代ブルジョア社会は,階級対立を廃止しなかった.この社会はただ,あたらしい階級を,圧制のあたらしい条件を,闘争のあたらしい形態を,旧いものとおきかえたにすぎない.

 しかしわれわれの時代,すなわちブルジョア階級の時代は,階級対立を単純にしたという特徴をもっている.全社会は,敵対する二大陣営,たがいに直接に対立する二大階級——ブルジョア階級とプロレタリア階級に,だんだんとわかれていく.

(Marx et al. 1848: 3-4,大内・向坂訳42頁)

マルクスにおける社会の時代区分には,大きく分けて三つある.第一に,古代ローマにみられるような古典古代の社会であり,第二に,中世の封建社会であり,第三に,近代市民社会である.ここでは古典古代の社会から中世の封建社会までは社会階級が多様に存在したものの,近代市民社会においては「ブルジョア階級とプロレタリア階級」という二大階級に二極化していくという特徴が示されている.

 どうもマルクスには,身分や階級の二項対立が高度に二極化する中で行くところまで行くと最終的に統一を果たすという通俗的弁証法的発想があったように思われる.その萌芽は既に『ヘーゲル国法論批判』(1843)のうちに看取される.1843〜44年頃のマルクスは主に政治的市民(citoyen)と経済的市民(bourgeois)の分離とその統一が目指されていた.

(つづく)

文献

ヘーゲル『精神現象学』読書会予習(2)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ヘーゲル精神現象学』(承前)

精神(承前)

「純粋な事物」としての「朦朧とした織物」

 b 啓蒙の真理

 朦朧として,もはや自身のうちでなんの区別もない織物を,精神は紡いでいる.その織物はこうして,じぶん自身のうちへ,つまり意識の彼岸へと退いてしまっているいっぽうで,意識はこれに反して,じしん明晰なものとなっている.

(Hegel1807: 522,熊野訳(下)288頁,強調引用者)

「精神の朦朧とした織物が意識の彼岸へ退いてしまっている」というのは,織物自体が「もはや自身のうちでなんの区別もない」ことによって不明瞭なものになっていることを意味するが,同時にその不明瞭さを意識自身が紡ぎ出している限りにおいては,意識にとってはそのことは「明晰 klar」である.

第一の契機はかくてこの明晰さということになるけれども,その契機がみずからの必然性と条件とをともなって規定されているのは,純粋な洞察が,あるいは純粋な洞察でありながらそれ自体として概念であるものが,実現されることによってである.純粋な洞察がこの件を遂行するのは,それが他であるもの,あるいは規定されたありかたを自身にそくして定立する場合なのである.

(Hegel1807: 522-523,熊野訳(下)228頁)

ここで"an sich"が強調されているが,これは「即自的」と言われるように,未だ実現されざる潜勢力をもったあり方であり,こうした「即自的には概念であるもの」が実現されるからこそ,第一の契機は「その必然性と条件の中でそれによって規定されている」のである.そして「他であるもの,あるいは規定されたありかたを自身にそくして定立する」ことは純粋な洞察にとっては「否定的なもの」である.

このようにして純粋な洞察は,否定的な純粋洞察である.つまり概念を否定するものであるということだ.この否定もまた〔純粋な洞察と〕同様に純粋なものであるから,かくてまた純粋な事物が,つまり絶対的実在が,これ〔つまり事物であること〕以外にはそれ以上なんら規定を持たないものとして生成してきている.

(Hegel1807: 522-523,熊野訳(下)228頁)

「純粋な事物」とは「朦朧とした織物」である*1.もともと二つの異なる縦糸と横糸によって折り込まれた織物は一つの「純粋な事物」として区別がつかなくなるわけである.縦糸と横糸は「即自的には概念」であったものだが,これらが織り込まれることによって区別がつかない一つのモノとなる.

文献

*1:同じパラグラフのすぐ後で次のように述べられている.「この純粋な事物は,したがってほかでもなく,例の朦朧とした,意識を欠いて精神がじぶん自身のうちで紡ぎあげた織物である.」(Hegel1807: 523,熊野訳(下)229頁).

『共産党宣言』覚書(3)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

共産党宣言』初版(23ページ本)(承前)

第一章 ブルジョアとプロレタリア

階級闘争史としての社会史

第一章 ブルジョア*1とプロレタリア

 今日までのあらゆる社会の歴史は,階級闘争の歴史である.

 自由民と奴隷*2,都市貴族と平民*3,領主と農奴,ギルドの親方と職人,要するに圧制者と被圧制者はつねにたがいに対立して,ときには暗々のうちに,ときには公然と,不断の闘争をおこなってきた.この闘争はいつも,全社会の革命的改造をもって終わるか,そうでないときには相闘う階級の共倒れをもって終わった.

(Marx et al. 1848: 3,大内・向坂訳40〜41頁)

タイトルにある通り,本章では「ブルジョアとプロレタリア」について語られ,その冒頭では「ブルジョア階級とプロレタリア階級に,だんだんとわかれていく」(Marx et al. 1848: 3,大内・向坂訳42頁)歴史過程が端的に述べられている.

 最初の一文を読むと次のような疑問が出てくる.すなわち「今日までのあらゆる社会の歴史 Die Geschichite aller bishorigen Gesellschaft」というが,「階級闘争の歴史」によって「あらゆる社会の歴史」を語ることははたして可能なのか?この点を考慮してか,エンゲルスはのちに1888年英語版への注で次のように述べている.

すなわち,あらゆる書かれた歴史である.1847年には,社会の前史,すなわち記録された歴史に先行する社会組織は,全然といっていいほど知られていなかった.

(Marx et al. 1908: 8,大内・向坂訳40頁)

ここでエンゲルスは,『宣言』の「今日までのあらゆる社会の歴史」を「あらゆる書かれた歴史 all written history」のうちに限定している.今日の我々が「歴史」として認識することができることができるのは,それが文書等の形式で記録され・理解される限りにおいてである.しかしながら,(パロールではなくエクリチュールとしての)文字が発明される以前にも何らかの「社会 Gesellschaft」が存在したであろうことは想像に難くない.〈記録がないから存在しない〉というのは政治家の安直な発想である*4

ツンフト内部闘争

 "Zunftbürger und Gesell"という箇所は文字通りに訳すなら「ツンフト市民と職人」である.この箇所が「ギルドの親方と職人」と訳されているのは何故であろうか.邦訳はどちらかといえば英語版の"guildmaster and journeyman"(Marx et al. 1908: 8)に依拠しており,1888年英語版でエンゲルスは"guildmaster"に次のような注をつけている.

Guildmasterとは,ギルドの正会員,すなわちギルドに属する親方のことであって,ギルドの長のことではない.

(Marx et al. 1908: 8,大内・向坂訳41頁)

「ツンフト Zunft」とは,ここではヨーロッパ中世都市における手工業者団体を指していると考えられる.この場合,ツンフトの親方(Mesiter)は「独立の手工業者であり,ツンフトの成員であり,従って市民権を有するもので」(森村1990: 35)あった.つまり「ツンフト市民 Zunftbürger」とは,市民権を有する親方のあり方を指しているのである.他方,職人(Gesell)は親方に至る過程の階級であり,遍歴の旅が課されていた.

たいていのツンフトは遍歴職人制が採用されており,職人は数年間(3年ないし5年)旅稼ぎに出て,困難に堪えて,自分の技能をためしつつ経験を豊富にして,また技能をいっそう錬磨する必要があった.そしてこの旅行が終ると自分の手工業の部門で得意とするもの,いわゆる親方製作Meisterstückを作りそれが親方の認定を得,また修業期間中の素行善良なる場合,初めて親方となることが許された.かくして,かれらはツンフトの完全なる成員,すなわち一家を構える独立の手工業者となり得たのであり,従ってまた都市の公民として政権に参与することを得たのである.

(森村1990: 36)

 『宣言』ではこうしたツンフトの親方(Meister)と職人(Gesell)の関係が階級闘争の一つとして捉えられている.そして実際にその闘争はあったようである.

15,6世紀ごろになると,ツンフトは外部の競争,とくに商業資本の圧迫を受けることがひどくなるにつれ,ツンフトは自己防衛に追われ,せまい門戸閉鎖を行って,独占的排他的傾向を強め,いろいろな人為的規制を定めて,新組合員の加入を困難にするようになった.かくして,親方権は世襲閥になり,ツンフトは技術の発展を助長する前向きの機関ではなくなり,親方の地位を守り,その職業を独占する特権的機関に変質した.かくして,従来の親方・職人・徒弟のあいだの温情的協調関係はゆるみだし,そのあいだに利害の背反が生じた.こうしてツンフト内部に対立関係をみることになり,ついにはそれが闘争にまで発展して行ったのである.

(森村1990: 37)

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ブルジョア Bourgeois」は,フランス語のbourgeoisに由来しており,フランス語の発音は「ブルジョア」と聞こえないこともないが,英語やドイツ語の発音は「ブルジョワ」と「ワ」がはっきり聞こえる(bourgeois - Wiktionary).

*2:アリストテレスに依拠するならば,ポリスの領域において政治的活動を行うのが自由民であり,自由民である家長の政治的活動を可能にしたのは,オイコスという領域において奴隷が家政に関わる必要労働を代替していたからである(平子2007: 28).

*3:ここで「都市貴族と平民 Patrizier und Plebejer」は,歴史貫通的な概念としての「貴族と平民」ではなくて,古代ローマという特定の時代区分における社会階級である「パトリキプレブス」のことを指している.

*4:公文書に手を加えることによって,存在そのものが無にされてしまった記録もある(瀬畑2019).

『共産党宣言』覚書(2)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

共産党宣言』初版(23ページ本)(承前)

共産主義の幽霊」というメルヒェンとその事実

 『宣言』は主に四つの章から成り立っているが,その冒頭にはいささか文学的な序文が付されている.『宣言』の魅力はこの序文にある*1.であるならば,その序文はいかなる意味で文学的なのか.この点が明らかにされねばならない.

 ヨーロッパに幽霊が出る——共産主義という幽霊である.ふるいヨーロッパのすべての強国は,この幽霊を退治しようとして神聖な同盟を結んでいる,法皇とツァー,メッテルニヒとギゾー,フランス急進派とドイツ官憲.

 反対党にして,政府党から共産主義だと罵られなかったものがどこにあるか,反対党にして,自分より進歩的な反対党に対して,また反動的な政敵に対して,共産主義の烙印をおしつけて悪口を投げかえさなかったものがどこにあるか?

 この事実から二つのことが考えられる.

 共産主義はすでに,すべてのヨーロッパの強国から一つの力と認められているということ.

 共産主義者がその考え方,その目的,その傾向を全世界のまえに公表し,共産主義の幽霊物語に党自身の宣言を対立させるのに,いまがちょうどよい時期であるということ*2

(Marx et al. 1848: 3,大内・向坂訳39頁)

ここで「この事実から二つのことが考えられる」という推論が展開されているが,その推論について検討してみよう.

 まず「この事実」とは,冒頭の二つのパラグラフを指していると考えられる.しかしながら,第一パラグラフと第二パラグラフを「事実」の記述として取り扱うにはレトリック過剰であり,その点で問題があると言えないだろうか.なぜなら,第一パラグラフは「共産主義の幽霊」という比喩で書かれた文学的な表現に満ちており,それ自体が「事実」だとはおよそ考えられないからである.第二パラグラフは反語で書かれていて,内容は伝わるものの,それは事実を述べるにふさわしい叙述の形式ではない.

 では,どうして第一パラグラフが「この事実」に含まれると考えられるのか.その理由は,「共産主義はすでに,すべてのヨーロッパの強国から一つの力 eine Macht と認められている」という第一の推論が,第一パラグラフにおける「ふるいヨーロッパのすべての強国 Alle Mächte des alten Europa 」という存在を前提としているからである.共産主義が「法皇とツァー,メッテルニヒとギゾー,フランス急進派とドイツ官憲」と並ぶ一大勢力に擬えられている*3

 「共産主義者がその考え方,その目的,その傾向を全世界のまえに公表し,共産主義の幽霊物語に党自身の宣言を対立させるのに,いまがちょうどよい時期である」という第二の推論に関しては,正確には第一の推論「共産主義はすでに,すべてのヨーロッパの強国から一つの力と認められている」ことから導き出されていると考えられる.共産主義が国家権力に目をつけられるほどの一大勢力として認められた時期だからこそ,そのマニフェストを公にすることに意義があるというのが,その論理である.

 ところで「共産主義の幽霊物語 Mährchen vom Gespenst des Kommunismus 」とあるが,この「メルヒェン」とは冒頭第一パラグラフで述べられている内容を指すのであろうか.だとすれば,この序文が文学的であるように思われるのは,「共産主義」が「メルヒェン」として語られてきたことと関係があるのではないか.

 「共産主義」が「幽霊物語」として語られていることは,一見すると我々には文学的な表現であるように思われるが,ここではそれは「事実」として描かれているのである.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:エリック・ホブズボーム(Eric Hobsbawm, 1917-2012)がすでに『宣言』の文学的魅力について次のように評している.「そのほかがどうであれ,政治的レトリックとしては『共産党宣言』はほとんど聖書的な力をもっている.要するに,文学作品としてそれがもっている読者を魅了する力を否定することはできないのである」(ホブズボーム 2017:146).

*2:大内兵衛向坂逸郎訳(岩波文庫)の「校註」には「「ちょうどよい時期である」Es ist hohe Zeitのhoheが,初版には欠けている」(99頁)とあるが,画像にある通り,hoheは初版には欠けていないように思われる.

*3:この解釈について詳しくは的場2018を参照されたい.

読書前ノート(9)

目次

読書前ノート(承前)

平野啓一郎『私とは何か——「個人」から「分人」へ』(講談社、2021年)

メタバースと〈分人主義〉

 メタバース関連書籍*1で何度か小説家平野啓一郎さんの〈分人主義〉について言及されていたので、本書を手に取ってみた。まずは〈分人〉という捉え方についてみていこう。

 一人の人間は、「分けられない individual」存在ではなく、複数に「分けられる dividual」存在である。だからこそ、たった一つの「本当の自分」、首尾一貫した、「ブレない」本来の自己などというものは存在しない。

(本書62頁)

平野はいわゆる自己同一性(アイデンティティ)についての新しい思想として〈分人〉を提唱している。〈分人〉或いは〈分人主義〉という思想は、人間という存在者を本質的に規定する〈個人〉或いは〈個人主義〉という思想への反発から生まれた。

 誰とどうつきあっているかで、あなたの中の分人の構成比率は変化する。その総体が、あなたの個性となる。十年前のあなたと、今のあなたが違うとすれば、それは、つきあう人が変わり、読む本や住む場所が変わり、分人の構成比率が変化したからである。十年前には大きな位置を占めていた当時の恋人との分人が、今はもう、別れて萎んでしまっていて、代わりにまったく性格の違う恋人との分人が大きくなっているとする。すると、あなた自身の性格、個性にも変化があるはずだ。個性とは、決して生まれつきの、生涯不変のものではない。

(本書89頁)

個人主義〉では個性は固定的なものとして捉えられていたが、〈分人主義〉では個性は変化するもの、弁証法的に流動的なものとして捉えられている。だが、ここでヘーゲルの名を呼び出すのは得策ではないだろう。むしろここで考えなければならないのは、メタバースと〈分人主義〉という思想との親和性である。

 人間は生得的な身体とは異なる身体を仮想空間において表現することができるようになった。仮想空間上の身体は、生得的な身体を模したものでもいいが、それとは別の、いかなるあり方であっても許容される。いかなるあり方であっても、というのは、仮想空間上では人間型でなく動物や妖怪の姿でも良いからである*2。仮想空間上の身体は、生得に発達した実在的な身体とは分かれているが、同一の存在者によって操作されている。このような状況を表現するのに〈分人主義〉という新たな思想がフィットしたのは偶然ではあるまい。

sakiya1989.hatenablog.com

『共産党宣言』覚書(1)

目次

はじめに

 以下では『共産党宣言』(Manifest der Kommunistischen Partei, 1848,以下『宣言』)の読解を試みる.

 マルクス『新訳 共産党宣言 初版ブルクハルト版(1848年)』(的場昭弘訳注,作品社,2010年)が出版されたとき,私は神奈川大学の三年生であり,的場先生のゼミに所属していた.的場先生の訳書には冒頭に『宣言』初版(23ページ本)の原文が掲載されており,それを読むことを通じて私はドイツ語のフラクトゥール(ひげ文字)を読めるようになった.そういうわけで,私が『宣言』について書く際には,往々にして的場先生の注に影響を受けている場合がある.その影響は自覚しているから,どこから書いたらよいものか悩みの種であるが,もし的場先生の解釈をある程度なぞっているだけだったとしても,推論の過程には多少なりとも何らかの個体差があるだろう.その個体差をここでは味わいたいと思う.

 『宣言』がマルクスエンゲルス*1によって書かれたことは,今日では周知の事実である.だが,その初版出版時には著者名はどこにも記載されていなかった.のちにマルクスエンゲルスは「1872年ドイツ語版への序文」で『宣言』を「歴史的文書」と呼んでいる.「歴史的」というのは,『宣言』が書かれた時代状況または歴史的文脈に規定されているという意味である.著者は「第二章の終わりで提案されている革命的諸方策には,決して特別な重みはおかれていない.今日ならば,この章句は多くの点でちがったいい方をすべきであろう」と述べたり,「社会主義諸文献の批判は,1847年までしかないのであるから,今日ではそれが不充分であることはいうまでもない」と述べたりしている.それゆえ,我々はこの「歴史的文書」を,各論含めて無謬の正典として受け取るのではなく,その原理原則に従って理解することに努める必要がある.

共産党宣言』初版(23ページ本)

(初版『共産党宣言』1848年,いわゆる「23ページ本」の扉)

共産党宣言』初版の異本について

 橋本直(1953-)よれば,『宣言』の初版にはいくつかの異本(Druckvariante)が存在するという(橋本2004*2.例えば,橋本は次のように述べている.

 扉の4行目と6行目に,⑥表題と刊年月とを区切る双柱ケイ(二重線)ならびに刊行年と刊地とを区切る表ケイ(1本線)いずれをも備えているものと,そのような区切りの線いずれをももたないものと2種類の種類の刊本が伝承されている.

橋本2004: 79)

本稿で参照した『宣言』は,バイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek, BSB)によって電子書籍化されたもの(以下「BSB版」)であるが,橋本2004の整理に従って,BSB版からは次のような特徴が確認できる.

  • BSB版は「表題と刊年月とを区切る双柱ケイ(二重線)ならびに刊行年と刊地とを区切る表ケイ(1本線)いずれをも備えている」(橋本2004: 79).
  • BSB版は「第6ページの最終行53行目にあるherauf beschwor.という二語……のうち,heraufの語末のfの字の下半分が左に流れ,また続くbeschworのbesの各文字のやはり下半分が少し欠けている——いわゆる悪活字になっている——もの」(橋本2004: 79)である.
  • BSB版は「17ページのノンブルが17と正しく打たれているもの」(橋本2004: 79)である.
  • BSB版は「18ページの第33行目の行頭で,Zunftwesen in der Manufakturと始められている箇所に……■形の印刷上の汚れをもつもの」(橋本2004: 84)である*3

(BSB版18ページの「■形の印刷上の汚れ」)

以上の点を考慮すると,BSB版は,従来の分類では「異本2」に該当すると思われる.これは,Bert Andréas(1914-1984)の分類では「B」であり,Wolfgang Meiserの分類では「A2」であり,Thomas Kuczynski(1944-)の分類では「A2」である.以上の分類は,「23ページ本印刷異本対照表(その1)」(橋本2004: 86)に従った.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:モーゼス・ヘス(Moses Hess, 1812-1875).

*2:なお橋本は『宣言』の異本を少なくとも7種類以上示している.ここで「少なくとも7種類以上」というのは,後に橋本が「異本6」をさらに「異本6-1」と「異本6-2」の二つに分けて整理しているからである(橋本2019: 58).

*3:橋本自身は「筆者はこの刊本(■形の印刷上の汚れをもつもの:引用者注)は未見,またそのコピー等も未入手である」(橋本2004: 84)と述べているが,今や橋本が確認できなかった『宣言』の初版がGoogle Booksで手軽に閲覧できるのである.