まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ヘーゲル『論理の学』覚書(2)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

ヘーゲル『論理の学』(承前)

第一版への序文

哲学の変容と論理学

 ほぼ二十五年来,われわれのもとで哲学的にものを考える方法に完全な変更が加えられてきた.また,この時期に精神は自己について一層高い自覚を持つようになった.しかし,こうしたことはこれまでのところ論理学の形態に対してはまだわずかな影響しか与えていない.

Hegel1812: ⅲ,訳3頁)

訳者の山口祐弘によれば,ここで「二十五年来」とは,カント『純粋理性批判』第2版(1787年)が想定されているようである.訳注の中で山口は次のように述べている.

この序文の日付は一八一二年三月二十二日であるから,それからほぼ二十五年前とは,カントの『純粋理性批判』第二版(一七八七年),『実践理性批判』(一七八八年)が刊行された時期に当たる.カントは一般的論理学に対して超越論的論理学を構想し,伝統的形而上学に代わる実践的形而上学を提唱した.

ヘーゲル2012:418,訳注1)

アリストテレス以来の「伝統的論理学」がカントによって「一般的論理学」と呼ばれ,これに対してアプリオリな形式の認識に基付く企図が「超越論的論理学」と呼ばれる(山口2019:5).ヘーゲルは二つ先のパラグラフでカント哲学に言及しているから,ここでヘーゲルがカントの三大批判が哲学史上に及ぼした影響を前提としていることは確かであろう.

 とはいえ「こうしたことはこれまでのところ論理学の形態に対してはまだわずかな影響しか与えていない」とヘーゲルが述べる時,論理学の分野におけるカント哲学の徹底が不十分であるとヘーゲルは指摘しているのかもしれない.

sakiya1989.hatenablog.com

文献