まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ルソー『政治経済論』覚書(1)

目次

はじめに

 本稿ではジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau, 1712-1778)のいわゆる『政治経済論』(Discours sur l'économie politique, 1755)を検討していきたい。

 ルソー『政治経済論』の初出は、ディドロダランベール編『百科全書』(Encyclopédie, ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers, par une société de gens de lettres, 1751-1772)の第5巻に収められている。

ルソー『政治経済論』

〈経済〉の二つの意味——「政治経済」と「家内経済」

 さしあたって問題となるのは、『ルソーのいう「政治経済」とは一体何であるのか』である。その手がかりは冒頭における〈経済〉という語の解説に示されている。

 〈経済〉 ECONOMIE または ŒCONOMIE (道徳的なものと政治的なもの Morale & Politique )、この語は〔古代ギリシアの〕オイコス οἶκος maison )とノモス νόμος loi )とに由来し、もともとは、家族全体の共同利益〔共通善 bien commun 〕のための、賢明かつ法にかなった家の政府 gouvernement de la maison を意味するものにすぎなかったが、後にこの用語の意味は、国家である大きな家族の政府 gouvernement de la grande famille にまで拡張されることとなった。これら二つの語義を区別するために、後者を総合的経済または政治経済と呼び、他方を家内経済または特殊的経済と呼ぶ。家内経済については〈家父〉 PERE DE FAMILLE 〔の項目〕を参照のこと。

(337: 7, 訳はあらためた)

ここでルソーは「経済」という言葉には、大きく分けて二つの意味があると述べている。それは「家」の経済という意味と、「国家」の経済という意味である。歴史的に先行していたのは「家」の経済としてのエコノミー、すなわち「家政」の意味の方で、「国家」の経済としてのエコノミーは転義であった。どうして「家政」の意味を「国家」にまで拡張することができたかというと、「国家」というものが「大きな家族」とみなされていたからである。かくして両者の意味を区別するために「国家」の経済の方を「政治的な」と形容して呼ぶようになったわけである。

 ここで注意しなければならないのは、「経済」という語が常にすでに「法 loi 」を含意している点である*1。「経済法則」というときには、「経済」という語にすでに内在しているその「法則」の意が忘却されている。

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ちなみに「法 loi 」は「法 droit 」と区別されるべき概念である。前者は「法律・法則」を意味し、後者は「権利」を意味する。