まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ルソー『社会契約論』覚書(7)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

第一編(承前)

第二章 最初の社会について(承前)

家族とのアナロジーにおける政治社会

だから、家族はいわば、政治社会の最初のモデルである。支配者は父に似ており、人民は子供に似ている。そして、両者ともに平等で自由に生まれたのだから、自分に役立つのでなければ、その自由を譲りわたさない。ただ異なるのは、家族においては、父親の子供にたいする世話をつぐなうものは子供たちにたいする愛だが、国家においては、支配者は人民にたいして、この愛を持たないのだから、支配する喜びがこれに代る、という点である。

(Rousseau1762: 6, 訳16頁, 強調引用者)

"le chef est l'image du pere, le peuple est 'image." という部分を直訳すると「〔政治社会つまり国家の〕長は父のイメージであり、人民は子供のイメージである」となる*1。つまりここで政治社会は、家族における父と子の関係性を模したもの(モデル)として把握されており、そのかぎりでルソーは政治社会をいわば家族とのアナロジーにおいて語るのである。だがここでルソーのいう「家族」に「母のイメージ」が欠落している点は、この「家族」像がやはり家父長制としてのそれであることを示唆している。

 ちなみに、ここでは "chef" は「支配者」と訳されているが、はたして "chef" は「支配者」で良いのだろうか。父と子の関係性は、「両者ともに平等で自由に生まれたのだから、自分に役立つのでなければ、その自由を譲りわたさない」かぎりにおいて成立しているのだから、自由を譲渡していない子供たちは単純に支配されているわけではないし、父親も子供たちを恣に支配しているわけではない。組織や社会には様々なあり方が考えられるのであって、軍隊式に上からのトップダウンで成立している場合もあれば、スタンドアローンコンプレックスに下からのボトムアップで成立している組織もある。つまり "chef" が支配せずにその組織集団が自ら進んでその人に自分の意志で服従するというあり方も考えられるのではないだろうか。そう考えると、 "chef" を「支配者」と訳すのはいささか組織の長に対してステレオタイプな表象が反映されているとも考えられるのではないか。

 そして同時にルソーは政治社会と家族との相違について語ることも忘れない。「ただ異なるのは、家族においては、父親の子供にたいする世話をつぐなうものは子供たちにたいする愛だが、国家においては、支配者は人民にたいして、この愛を持たないのだから、支配する喜びがこれに代る、という点である」。ここで「支配する喜び」と訳されているのは "plaisir de commander" であり、文字通りには「命令・指揮・統率する喜び」のことである。訳者は "chef" と "commander" を結びつけたことによってこれらを「支配者」と「支配する」と訳すのだが、そう訳すと子供にたいする愛をもつ家長も「支配者 chef 」だということになってしまう。しかし、「支配」という概念はこのパラグラフには登場していないと私は思う。『いやいや「命令・指揮・統率する commander 」側が支配者に決まっているでしょ』と思うなら、例えばSMプレイを想起されたい。Sが支配しているのか、むしろSのSとしての振る舞いを誘発するようなMとしての振る舞いの方が実質的に支配していることはないのか。だとすれば、Sが「命令・指揮・統率する」というのはただちにSが支配者たることを意味しない。「長 chef 」がコマンドを出すのは「長」としての役割に応じた振る舞いをしているに過ぎず、その振る舞いだけでは、実質的な「支配」がどこにあるのかは定かではないのである。むしろそうすることの「喜び・悦び plaisir 」によってその者自身が支配されているとも考えられるのである。

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:実際のところは「国家の長(総理大臣や大統領)はむしろ子供のイメージであり、人民は大人のイメージである」というパターンもあるかもしれない。