まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ルソー『社会契約論』覚書(5)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)第一編

第二章 最初の社会について

ルソーの家族論

 ルソーは最初の社会は「家族」だという。

あらゆる社会の中でもっとも古く、またただ一つ自然なものは家族という社会である。ところが、子供たちが父親に結びつけられているのは、自分たちを保存するのに父を必要とする間だけである。この必要がなくなるやいなや、この自然の結びつきは解ける。子供たちは父親に服従する義務をまぬがれ、父親は子供たちの世話をする義務をまぬがれて、両者ひとしく、ふたたび独立するようになる。もし、彼らが相変らず結合しているとしても、それはもはや自然ではなく、意志にもとづいてである。だから、家族そのものも約束によってのみ維持されている。

(Rousseau 1762:5、16頁、強調引用者)

ここから「家族 famille 」が二つの段階に分けられることがわかる。

家族の第一の段階は子供の養育期の〈家族-1〉であり、次にその第二の段階は「約束」で維持される〈家族-2〉である。

  • 〈家族-1〉:自然にもとづく家族。子供が大人になるまでの間の、養育期の共同体のあり方。
  • 〈家族-2〉:意志にもとづく家族。子供が大人になって独立者となった後にありうる共同体のあり方。
〈家族-1〉における〈母親〉の欠如

 〈家族-1〉では「父親 pere 」と「子供たち enfans 」との関係性については言及されているものの、ここには〈母親〉の姿がない。これはつまり、〈母親〉という存在は〈家族-1〉において文字通り無視されているということであろう。たしかにルソーが「あらゆる社会の中でもっとも古く、またただ一つ自然なもの」としての「家族」に言及するからには、〈母親〉を「父親」(古典古代の伝統における家父長制の主人としてのそれ)と並べることはできなかったであろう。

〈家族-2〉における「約束」の契機

 〈家族-2〉においては父親と子供たちが「相変わらず結合している」のだから、〈家族-2〉は〈家族-1〉の延長線上にあると考えられる。ここにも前回の「社会秩序」と同じく「約束 convention 」の契機が見出される。

 だが、ここで"convention"を日本語の「約束」の意味に解しては何とも据わりが悪い気がする。というのも、〈家族-2〉を形成するために誰かが「約束」を交わしたわけではないだろうからである。"convention"は、もともと"con-"(一緒に)"vene"(行く)ことに由来し、そこから"conventio"(集会、同意)へと派生してきた言葉である。つまり〈家族-1〉という「最初の社会」を経てきたことをルソーは「慣習に従って par convention 」と述べているのであろう。

 しかし、ルソーは「それはもはや自然ではなく、意志にもとづいてである」とも述べている。家族は、子供達の養育期が終わり次第、解体することもできる。しかし家族を解体せずに維持するならば、そこには本人たちの意志が働いているとルソーは見なす。ここから〈意志 volonté 〉と〈約束 convention 〉は近い関係にある言葉であることがわかる。本人たちの意志にもとづくのだから"convention"は「約束」でいいのではないかという気もしてくる。はたしてそうか。

 日本語の「約束」と「慣習」とでは大きな違いがある。「約束」と言うと個々人の取り決めであり個別性であるが、「慣習」は社会的文脈を有しており普遍性であると考えられる。"convention"はどちらかというと個別性よりも普遍性に近い、社会的文脈を伴った概念ではないだろうか。特に"co-"の持つ協同性を見落としてはならないだろう。

sakiya1989.hatenablog.com

文献