まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

マルクス『資本論』覚書(3)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

社会的富の〈基本形式〉として現象する「個別の商品」

 『資本論』第一部は次の文章から始まる。

(1)ドイツ語版『資本論』初版

 資本主義的生産様式が支配的である社会の富は、ある「途方もない商品蒐集」¹として現象し、個別の商品はそのような社会の富の基本形式として現象する。そのため、我々の研究は商品の分析から始まる。

(Marx1867: 1)

(2)ドイツ語版『資本論』第二版

 資本主義的生産様式が支配的である社会の富は、ある「途方もない商品蒐集」¹として現象し、個別の商品はそのような社会の富の基本形式として現象する。そのため、我々の研究は商品の分析から始まる。

(Marx1872a: 9)

(3)フランス語版『資本論

(Marx1872b: 13)

(4)ドイツ語版『資本論』第三版

 資本主義的生産様式が支配的である社会の富は、ある「途方もない商品蒐集」¹として現象し、個別の商品はそのような社会の富の基本形式として現象する。そのため、我々の研究は商品の分析から始まる。

(Marx1883: 1, 訳71頁)

「途方もない商品蒐集 ungeheure Waarensammlung 」に引用符が付いているが、これは、原注1に示されている通り、マルクス『経済学批判』(4ページ)からの引用である。以下に引用箇所を掲げておく。

 一見したところ、市民的ブルジョワ富は、ある途方もない商品蒐集として現象し、個別の商品は、市民的富の基本的な現存在として現象する。だが各々の商品は自らを使用価値交換価値という二重の観点の下に置いている。

(Marx1859: 4)

『経済学批判』では富の〈基本的な現存在ダーザイン〉として現象するとされた「商品」は、『資本論』では社会的富の〈基本形式フォルム〉として現象するとされている。ドイツ語版『資本論』初版ではこの「基本形式」は強調されていたが、第二版では強調されなくなっている。

 「個別の商品」が社会的富の「エレメント形式 Elementarform 」として現象するといった場合、それを〈エレメント〉の側面と〈形式〉の側面から考察することができる。入江幸男(1953-)は〈エレメント〉を次のように説明している。

エレメント(Element)といえば、哲学史上では、ひとは直ぐに、ギリシャ哲学の四大エレメント(地・水・風・火)を想起する。この場合、エレメントとは、元素(Urstoff)の意味である。一般には、この元素の意味からの転義で、構成要素(Bestandteil)の意味で使われることが多いと思う。エレメントには、これらの周知の意味の他に、本来の乃至固有の活動領域という意味がある。この意味のエレメントの説明でよく例に挙げられるのは、魚のエレメントは水である、鳥のエレメントは空気である等、また悪例を挙げるならば、女のエレメントは家庭であるというものもある。

(入江1980: 69)

ここで入江は〈エレメント〉の意味を二つ挙げている。ひとつは「構成要素」という意味での〈エレメント〉であり、もうひとつは「固有の活動領域」という意味での〈エレメント〉である。

 マルクスが「個別の商品」が「エレメント的な形式」として現象すると述べた際の Elementar- の意味はどちらの意味であろうか。これは一見すると「構成要素」の意味で用いられているように思われる。しかしながら、もし「固有の活動領域」という意味で用いられていたらどうだろうか。もし「個別の商品」が何らかの「活動領域」の形式として現象するものだとしたら、「個別の商品」という〈エレメント〉で活動しているのは一体何なのだろうか。

 そして「個別の商品」がエレメントの〈形式〉として現象するならば、同時にその「内容 Inhalt 」や「実質 Materie 」の側面に注意が払われるべきであろう。

〈要素〉と〈集合〉:内田弘による数学的解釈

 内田弘(1939-)は上の「エレメント」を「構成要素」の意味で理解している。さらに内田は〈要素〉に対するものは「巨大な商品の〈集合〉」だと述べている。つまり内田は、マルクスの用いる Element や Sammlung を数学上の概念として理解するのである。

名詞「Warensammlung」は「商品《集積》」と訳して、正確に理解できるのだろうか。その語彙のすぐあとに、「個々の商品はその富の要素形態(Elementarform)として現れる」とある。「要素」に対しては、「集積」でなくて「集合」であろう。資本主義的生産様式が支配する社会では、ほとんどの富は商品形態をとる。商品は「集合」であり、かつその「要素」である、とマルクスは言明しているのである(ちなみに『経済学批判』では「集合」にAggregatを当てている。この語法はカントにならっている)。

内田2011

しかしながら、数学上の概念としての「集合」はドイツ語で Menge という。したがって、Sammlung にせよ Aggregat にせよ、それらを数学上の概念として解釈するのはただのこじ付けではないだろうか。

ungeheure をどう解釈するか

 ungeheure には、これまでにいくつかの解釈が施されてきた*1

 最近では、的場昭弘(1952-)がこの ungeheure を、ルドルフ・オットー(Rudolf Otto, 1869-1937)の『聖なるもの』(Das Heilige, 1917)における議論と結びつけて「畏れ多い商品集積」と解釈している(的場ほか2011)。

 また熊野純彦(1958-)は「ちなみにカントによれば、なんらかの対象はその量が対象の概念を破壊するほどのものとなるとき「とほうもない」と呼ばれる」(熊野2013: 38)と述べた上で、『経済学批判』で言及された以下のロンドンの光景を引用している。

 ロンドンのもっともにぎやかな通りには、商店がくびすを接して立ちならび、ショーウィンドーには世界のあらゆる富が、インドのショール、アメリカのレヴォルバー、中国の陶磁器、パリのコルセット、ロシアの毛皮製品、熱帯地方の香料がきらびやかに輝いている。だがこれらすべての現世の享楽品はそのひたいに宿命的な白い紙片を貼付され、その紙片にはアラビア文字が、ポンド、シリング、ペンスという、ラコニアふうの文字とともに書きこまれている。これこそが、流通にあらわれている商品のすがたなのである。

(Marx1859: 65, 熊野2013: 38)

沖公祐(1971-)もまた熊野と同じく『経済学批判』のこの箇所を引用し、「在庫がうずたかく積まれた倉庫が建ち並び、商店のショーウィンドウは陳列された商品で溢れ返っている。これが「巨大な商品の集まり」の具体的なイメージだとすれば、マルクスの言う富とは、スミスが少なくければ少ないほどよいと考えたストックそのものであることが分かる」(沖2019: 40)と述べ、アダム・スミスのストックの議論をマルクスの商品論に接続している。その上で沖は「マルクスの「商品の集まり」はいわば有機(生物)である」(沖2019: 41)という見解を示している。

市民社会から資本主義社会の分析へ

 『経済学批判』では「市民的ビュルガーリッへbürgerliche Reichthum 」とされていた箇所が、『資本論』では「資本主義的生産様式が支配的である社会の富」へと修正されている。おそらくマルクスは前者で「富」を「市民的」と形容することで、「市民社会 bürgerliche Gesellschaft 」*2の富を指示したのであろう。だが「市民社会」という概念は、ヘーゲル以後に示された〈国家〉と〈家族〉から区別される圏域を示す用語であるが、それ以前には〈国家〉あるいは〈政治社会〉を意味する用語であった為、誤解を招きかねない。そのため『資本論』のテーマとしては「資本主義的生産様式が支配的である社会」と具体的に表現した方が適切だとの判断が働いたのだろうと思われる。

 沖によると、この「富 Reichthum 」は、アダム・スミスの『国富論』を「強く意識した書かれたもの」(沖2019: 28)なのだという。

国富論』は「富とは何か」という問いに答えようとした書物だと言える。この問いに対し、スミスは、余剰(ストック)としての貨幣(財宝)のみを重視する重商主義は富の偽の見かけ(仮象)に惑わされていると批判した上で、真の富は必要(フロー)であると答えた。マルクスは、この答えを退けたが、それだけではない。『資本論』冒頭の一文が示しているのは、スミスの問いの立て方そのものが誤っているということである。立てるべき問いは、「富とは何か」ではなく、特定の生産様式が支配する社会の下で「富はどう現れるか」である。

(沖2019: 45)

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ungeheure に関して詳しくは臼井2001を参照されたい。

*2:いわゆる「市民社会」の概念史について詳しくは平子2007および植村2010を見よ。マルクスの用いる「市民社会 bürgerliche Gesellschaft 」概念は、ヘーゲル以前のいわゆる「市民社会」(=政治社会あるいは国家)概念とは異なり、citoyen ではなく bourgeois を中心とした経済圏を意味する点に注意が必要である。「マルクスの bürgerliche Gesellschaft の概念と用法は、基本的には、ヘーゲル法哲学』のそれを踏襲するものであった。……〔中略〕……ヘーゲルとの違いは、ヘーゲルにあっては経済的領域と政治的領域にまたがって構想されていた〈市民社会〉が、マルクスにおいては経済的領域のみをカバーする概念として純化されたことである。」(平子2007: 52)。マルクスヘーゲル法哲学批判』における「市民社会」概念について詳しくは、荒川2015を参照されたい。