まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

ヴィーコ『新しい学』覚書(5)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)著作の観念

ヴィーコの「国家神学」

 続きを読んでみましょう。

しかし、この部分にたいしても神は摂理を立てて〔先を見通して〕、人間にかんすることどもをつぎのように順序づけ配置してきたのであった。すなわち、原罪によって完全無欠な正義から堕落した人間たちは、〔正義とは〕ほとんどいつも異なったことばかりを、またしばしば正反対のことさえをもおこなおうと意図する。そして、利益を得るのに役立ちさえするなら、野獣同前孤独な生活を送るのも厭わない。しかも、このかれらの〔正義とは〕異なり、また正反対の道そのものを通って、当の利益自体によって、人間らしく正義にのっとって生き、社会生活を維持する方向へと引き寄せられていく。こうして、社会生活を営もうとするかれらの自然本性を発揮するにいたるよう、人間にかんすることがらを順序づけ配置してきたのである。これが、人間は自然本性からして国家的な存在である、ということの真の意味であり、かくては自然のうちに法が存在するということ、このことがこの著作においては論証されるだろう。神の摂理のこのような機序こそは、この学が主として推理しようとすることがらのひとつである。したがって、この学は、この面からすれば、神の摂理についての悟性的に推理された国家神学であることになる。

(Vico 1744:2、訳18〜19頁、強調引用者)

「国家神学」と訳されている個所の原語は "Teologia Civile" であり、これを直訳すると「市民神学」となります。上村忠男訳を原文と対照しながら読んでいくと、"Cibile/-i"が「市民的」ではなく、文脈に応じて「国家(制度的)」や「社会(生活)」と訳されていることがわかります。つまり "Cibile/-i" はここではまだ国家と社会とが分離していないあり方として用いられているようです。

 ここで「人間は自然本性からして国家的な存在である」と述べられていますが、こうした考え方はよく知られるようにアリストテレス政治学』のうちにすでに見出されます。アリストテレスは「人間はその本性においてポリス的動物である」と述べています。しかし、アリストテレスとおなじ人間観を持っているかどうかという点については留保が必要でしょう。

 ヴィーコはここで人間のあり方をいわば自然状態と社会状態の二つに区別しています。自然状態と社会状態という言葉を用いるのは、ヴィーコのこの著作が社会契約論の著作ではないので、誤解を招くかもしれませんが、ここでは敢えて用いてみます。

 いわゆる自然状態に生きる人間は、「利益 utilità を得るのに役立ちさえするなら、野獣同前の孤独な生活を送るのも厭わない」。つまりこの場合ひとは利己的に振舞うので、他人との関わり合いを避け孤独に生きることになります。(もっとも野獣が孤独に生きているかどうか、野獣といえども野獣としての社会を形成するのではないか、という疑問が私にはあるのですが。)

 ではいわゆる社会状態に生きる人間はどうかというと、逆に「当の利益自体によって、人間らしく、正義にのっとって生き、社会生活を維持する方向へと引き寄せられていく」。つまりこの場合の「利益」は個人の私的な自己利益の追求ではなく、「正義 giustizia 」という公的な利益の追求が「社会 società 」を形成することになります。

 とはいえ、ヴィーコ的にはこうした社会の背後には「神の摂理」が働いています。したがって、人間社会のあり方を通じて「神の摂理」を探究する学のことを、ヴィーコは「国家神学 Teologia Civile 」と呼んでいるようです。

sakiya1989.hatenablog.com

文献