全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

「不気味の谷」現象を、あえて利用する

こんにちは。

 

今回は「不気味の谷(uncanny valley)」という現象について書きたいと思います。

 

不気味の谷」とは、ロボットが人間に極めて近づいてくると、ある一定の段階で不気味に感じられるようになる現象のことを言います。

不気味の谷」という発想は、1970年に森政弘先生が書いたエッセイに端を発しています。森政弘先生のこのエッセイ(所収:『ENERGY』第7巻第4号、1970年)は、下(↓)のGetRoboというサイトで全文が読めます。

www.getrobo.com

wired.jp

robotnaut.net

WIREDの記事に載っているような研究による「不気味の谷」現象の証明以来、「不気味の谷」はロボットの顔や身体に対する人間の反応として理解されているように思われますが、しかし、森政弘先生のエッセイを読むと、「不気味の谷」は当初、ロボットに対する反応だけでなく、「動く死人」や「能面やせ男」などに対する反応としても考えられていたことが分かります。このことは、ロボットではない我々人間が非人間的な振る舞いをすることによっても、「不気味の谷」を作り出すことができることを意味します。

 

ところで、「不気味の谷」は、今でこそロボット研究者にとっては避けるべきものと考えられています。

しかし、不気味の谷」という人間の反応をあえて利用することを考えても良いのではないか、と私は思います。「不気味の谷」は、それを超えて親近感を持たせることがロボット開発の基準になるとともに、「不気味の谷」をうまくコントロールして利用できるようになったら、より面白いことができそうではないでしょうか。

例えば、今は夏です。テレビでも映画でも、夏は怪談話とかホラー映画をやっていますよね。ならば、「不気味の谷」を応用して、不気味に感じられるホラー映画を意識的に作ってみたり、あるいはディズニーランドのようなアトラクションで、いかにも不気味に感じられるものを用意しても良いんじゃないでしょうか。CGクリエイターが、不気味なものをプロモーションビデオに応用しても良いと思います。(あ、もちろん炎上しない程度にね!それも狙ってやるなら別だけど!)

 

ちなみに、不気味なものに対する反応は人それぞれだと思いますが、すでに「不気味の谷」をあえて利用することを試みた人がいました。ドワンゴの川上さんです。「不気味の谷」現象の興味深いサンプルとして、宮崎駿監督の反応が参考になると思います。↓

youtu.be

このブログのタイトルについて

こんばんは。

 

昨年12月よりブログを始めて8ヶ月ぐらい経ちました。

突然始めたブログですが、非常に楽しく続けております。

本当にブログを始めてよかったなぁ、とつくづく感じております。

sakiya1989.hatenablog.com

 

今回は、このブログのタイトルについて説明したいと思います。おそらくちゃんと説明した記事がまだなかったので。

 

このブログのタイトルは「全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ」ですが、実際にはごく一部ロジカルに展開されている記事もあったかもしれません。

「全然ロジカルじゃない」としているのは、わざと「全然ロジカルじゃない」記事を目指しているのではありません。厳密にロジカルであることを追求しないという意味で「全然ロジカルじゃない」としています。

というのも、気軽に記事をアップできることがブログのメリットであるのにもかかわらず、もしブログ記事で厳密にロジカルであることを追求してしまうと、僕は論文書くのと同じぐらいの推敲を重ねてしまうので、いつまでたっても記事をアップできないという矛盾に陥り、結果的にブログのメリットを潰してしまうことになります。記事の中で展開されている僕の思考には当然ヌケモレがあるかもしれないし、具体的な数字もほとんど提示しないままアップしているから「全然ロジカルじゃない」のです。(ただし、書くスピードで思考できる限りにおいては、ロジカルさを減じていません。)

ロジカルが決して悪いわけではなく、言語表現である限り一定のロジックは当然必要ですが、しかしロジックだけで新しい発想やひらめき、着想を書き留めることは不可能です。このブログでは、厳密なロジックよりもひらめきや着想を大事にするために、「全然ロジカルじゃない」とタイトルで断っているのです。

 

後半の「書きたいことをひたすら書くブログ」はまさにその言葉の通りで、僕が書きたいことをひたすら書いています。

実は自分が書きたいことを書くというのは、好き勝手に書いているようで意外と難しいのではないでしょうか。なぜなら、自分の興味関心というのは、本当に自分がそれに興味を持っているのか、はたまた他人の影響を受けたものかもしれないからです。

自分が何が好きなのか、何に興味を持てるのかを毎日自分に問い続けていかなくては、自由に書きたいことも書けません。ブログはインターネット上に公開されていますが、この読者をある特定の層や知り合いだとかに周知してしまうと、そのような想定される読者層に合わせた記事を書くようになってしまうのではないかと危惧します。

 

このブログの説明の最後に「ノンロジカルエッセイ。」と書いてあるのですが、フランス語のessaiは「随筆」という意味の他に「試み」とか「企て」という意味を持っています。

このブログで扱うテーマはビットコインであったり、VR・ARであったり様々ですが、テーマがあちこち飛ぶのは、僕が新しいテーマに触れ、書きながら、別の発想を「試み」ているからです。

これは一人でブレストをやっているようなものです。毎日何かしらの着想が出てくるので、それをそのまま書き出してブログの記事として載せているだけです。ブログを書くためにネタを探すようなことは一切やっていません。

ちなみに、吉本隆明さんの代表作に『マチウ書試論』というものがありますが、あれはもしかすると、ロジックだけで書いているのではないという意味で「試論」となっているのかもしれませんし、そうであるとすれば「試論」と呼ばれるものをロジックだけで読み解こうとするのは間違っていると言えるのかもしれません。

最後に、鎌倉時代の代表的な随筆家がエッセイの本質を言い表しているので、引用して閉めたいと思います。

「つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」(兼好法師徒然草」)

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』に出てくるあのガジェットはどうやって作るのか?

こんばんは。

今回はアニメ『PHYCHO-PASS サイコパス』に出てくるガジェットについて書きたいと思います。

 

ちなみに、このアニメについては昨年末にも少し書きました。

やっぱり良いんですよ。特に2期ね。

なので今日もまた見て、「このガジェットどうやって作るのかなぁ?」って考えてしまいました。

sakiya1989.hatenablog.com

 

さて、今回注目するのは、登場人物(主に監視官か執行官)が身につけている腕時計と、車のデジタルタコメーターのディスプレイです。

まずはこれ見てください。

f:id:sakiya1989:20170811001743j:plain

(アニメ『PHYCHO-PASS サイコパス2』第1話「正義の天秤<299/300>」より

これらをなんと呼ぶのかわからないけれども、どうやら空中に画面表示してますよね。

普通、スクリーンならば何か物質に投影するんだと思うけれども、これは何に映しているんだ?

f:id:sakiya1989:20170811005459j:plain

(アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第1話「犯罪係数」より)

デジタルタコメーターは単色ですが、腕時計は正面から見るとフルカラー表示されており、どちらも透過性がありますね。

そしてこの腕時計、超高性能です。SoCもバッテリーも超小型化されている。通話もできて、高速通信もできる。ただし、写真は撮れるかなぁ?少なくとも、この小さな腕時計の中に、今のスマホ以上の機能と性能が全て入っているわけです。

このガジェットと比較すると、Apple Watchやスマートウォッチなんてまだまだ序の口ですよね。 

これどうやって作るんだろうね?誰か開発しようよ!

 

vrinside.jp

www.itmedia.co.jp

Unityをインストールしてみた

こんばんは。

今日はUnityというソフトをインストールしてみました。

unity3d.com

 

 Unityは少し前から気になってはいたのですが、なかなか手がつけられずにいました。

なので、ついに念願の?Unity着手。

 

f:id:sakiya1989:20170810020643p:plain

まだインストールしただけなので、何もしてないですよ。

 

新人研修と洗脳

こんばんは。

今回は、ある研修で起きた問題について書きたいと思います。

 

昨日のBuzzFeed Newsの記事によれば、2013年に起きたゼリア新薬の22歳男性社員の自殺が、2015年に新入社員研修によるものとして労災認定を受けたそうです。

www.buzzfeed.com

労基署が労災認定として注目した「意識行動改革研修」という研修は、ゼリア新薬がビジネスグランドワークス社に委託して、4月10日〜12日までの3日間行われたものだったそうです。

労基署が、自殺の原因として、BGW社による「意識行動改革研修」における「過去のいじめ体験」の告白と、吃音の指摘、完全にアウトな講師のコメント(「何バカなこと考えているの」「いつまで天狗やってやがる」「目を覚ませ」ーこんなことを講師に書かれたら、新入社員であれば特に、ショックを受けるはずですー)を証拠として挙げることで、労災認定することができたのでしょう。 

bizacademy.nikkei.co.jp

 

Twitter上でも何人かの方々が反応し、コメントしています。

Twitter上では「これは洗脳ではないか」というコメントがいくつか目立っていますね。

岡田尊司『マインド・コントロール 増補改訂版』(文春新書、2016年)によれば、「情報入力を制限する、または過剰にする」(第一の原理)、「脳を慢性疲労状態におき、考える余力を奪う」(第二の原理)ことなどが、マインド・コントロール(その最たるものが「洗脳」)の原理だそうです。

「外界から隔離し、外部の人と話のできない孤絶した状態に置くことは、洗脳の基本である。最初の章で触れた「トンネル」状態を作り出すことによって、精神的な視野狭窄状態をもたらす。目的とする一点にだけ関心を集中させ、それ以外のことを考え無くさせ、その一点に向かって進んでいくしか内容に仕向けていく。」岡田尊司マインド・コントロール 増補改訂版』文春新書、2016年、216〜217頁)

「洗脳においては、脳を絶えずビジーな状態に置くとともに疲労困憊させる方法が徹底して取られる。まず頻用されるのは、睡眠時間を奪い、その質を劣悪なものにするということである。」(同書、222頁)

BuzzFeed Newsの記事には「玉木弁護士が「宿泊施設にほぼ拘束され、6時間の睡眠も確保できないような長時間研修を受けていた」と指摘している」とありましたが、もしかすると、4月から8月まで長期に渡る泊りがけの新人研修(問題とされている「意識行動改革研修」だけではなく)は、外部との接触を極力遮断することで、情報の制限と過剰の両方を実現し、精神的な視野狭窄をもたらすと同時に、睡眠時間をも奪うことで、洗脳が可能な環境を作り出しているのかも知れません。

 

 

人間のタスク処理能力をCPUにたとえてみよう

こんにちは。

今回は、人間のタスク処理能力をCPUにたとえて考えてみたいと思います。

 

いきなり本題と関係ない話ですが、過去に親父に「労働力は商品」みたいな話をしたら、親父は急に怒り出して「人間は商品じゃない」などと言ったことがあります。まあ親父が怒りたくなる気持ちもわからないでもないですが、その感情(人の能力を商品とみなすことに対する反感)は何か宗教的に刷り込まれたものに起因してるんじゃないの?などと考えます。「会社が人に給料払って雇ってる限り、やっぱりそれって商品(経済学的に言えば財・サービスになるかな)に対する支払いと同じだよね。もし商品っていう言い方が気に入らないなら、サブスクリプション方式の商品といったほうがわかりやすいかもしれない。まあ人がコモディティ化した商品に陥っちゃったら困るよね」みたいな話が、親父とは多分できないんだろうな。

 

さて、本題に戻りますと、今回は不遜にも人間のタスク処理能力を、抽象的な「商品」というよりももっと具体的に、CPUにたとえて考えてみたいと思うのです。多分同じこと考えたことある人、たくさんいると思います。

 

最近のCPUって性能いいですよね。昔のCPUはシングルコアでしたが、最近のCPUはオクタコア(8コア)とか複数のCPU(マルチコア)から成ってます。

IntelCore Duo以来、CPUは個数を増やすことで、総体としての処理能力を上げているわけです。デュアルコアが出てきた当初はまだソフトウェアがマルチスレッドに対応してなかったのでそれほど恩恵が受けられなかったように思いますが、徐々にソフトがマルチスレッドに対応することによって、例えばビデオのエンコードが早く終わったりするようになりました。

これ(マルチコア化)って人で考えると、今まで1人で作業してたけど、2人や4人、8人へと人を増やすことで、作業完了までの時間を短くしたのと一緒だと思うんですよ。

で、人間のタスク処理能力が個々ばらつきあるのと一緒で、CPUのクロック数もモノによって異なっています。例えば、クロック数が1GHzから2GHzへと大きくなると処理能力が向上したことを意味します。ということは、タスク処理能力が2Ph(Performance / hour)の人間を4人と、1Phの人間を4人雇えば、big.LITTLEオクタコアCPUが擬似的に成り立つわけです。

今出てきた「big.LITTLE」とは、一言で言うと、CPUの省電力化によってモバイルのバッテリーを長時間利用できるようにするための技術です。CPUはクロック数の高さに応じて消費電力も上がっていくので、バッテリーという有限な資源を効率的に利用しようとすれば、モバイルは単純に高性能なCPUだけを積むわけにはいかないのです。

ここでCPUの消費電力を給与だと考えてみましょう。

話の単純化のために、1Ph(CPU 1GHz)の人は時給900円、2Ph(CPU 2GHz)の人は時給1,800円だとします。雇用者は可能であれば当然全員の時給を900円に抑えたいが、ハードな仕事には2Phの処理能力が必要となるので、ハードな仕事は時給2倍でも2Phの人を雇ってやらせる。もちろん2Phの人は1Phの人が出来ることが出来て当たり前なのだが、それでも2Phの人に全ての作業を任せるのではなく、メモ帳のようなソフトがCPUの1%しか使用しないように、それほど忙しくない単純作業は1Phの人にやらせる。そうすると総コストを抑えることができるというわけです。

さて、ここまで一人の人間=シングルコアという仮定で話を進めてきましたが、当然一人の人間がマルチコアな処理能力を持っていることもあり得ます。これは優秀な人材です。ただし、人間の頭脳がマルチコア化できるとしても、現状、人間の腕は二本しかないので、アレもコレも同時に並列処理するのは限界があるのではないかと僕は考えています。この制約を越えるには、例えばロボットアームを装着して腕を増やすとか、身体のダミーを作って遠隔操作する必要があるかもしれません。

 

japanese.engadget.com

「個性」とは何か

こんにちは。

今回は「個性」について書きたいと思います。

 

突然ですが、「個性」って一体何なんでしょうか。

よく耳にする「個性的な人」とは、良くも悪くも何か「普通の人」とは違う風変わりな人のことを指しているように思います。

僕はどちらかと言えば「個性的な人でありたい」と思うのですが、そもそも「個性的な人」とはそれに「なる」ものなのでしょうか、それとも「個性的な人」のもつ「個性」とは生まれつき備わったものなのでしょうか?

生まれつき備わった「個性」とは、別の言い方をすると「個体差」のことだと思います(もっとカタい言い方をすると、生得的、先天的な「個性」とか)。例えば、身体的特徴を個別に見ていくと、髪がサラサラなのかパーマなのかとか、地毛が黒か茶色か金髪かとか、身長が高いか低いかといった違いは誰にでもありますが、これら個別の特徴をトータルで見た場合の組み合わせが際立っている場合に「個性的な人」だとみなされるのではないでしょうか。

これに対して、後天的に身につけた「個性」にはどういったものがあるでしょうか。僕が例として真っ先に思い浮かんだのは芸術家です。芸術家は、ふつう音楽を作ったり絵を描いたりする人のことを指しますが、このような職業芸術家以外にも「芸術的な」仕事ぶりをする人はたくさんいるような気がします。

例えば、数学者はふつう芸術家とは呼ばれませんが、数学者が難問の証明を論文に書いたものが「芸術的」とみなされるかもしれませんし、プログラミングや法律作成のような仕事でも芸術性を感じる部分があると思います。

日本語の「芸術」が絵や音楽を直ちに想起させるので、「芸術家」と言うとどうしても絵描きなどの話に矮小化されてしまうのですが、英語で考えると「芸術」とはアート(技術)であり、「芸術家」とはアーティスト(職人)ですから、芸術性とは、数学者やプログラマーのように、決まった型(形式)を前提としつつ、オリジナルなプロダクトを生み出すところにあるのかもしれません。

話が「芸術」へと脱線してしまったように思いますので、ここでもう一度「個性」に話を戻して考えて見ましょう。

あるアーティストが個性的であるとすれば、そのアーティストは先天的に個性を持っていたのか、それとも後天的に個性を獲得したのかのどちらかです。しかし、「守破離」という言葉があるように、通常決まった型(形式)を学ばずに「個性」を発揮することは困難になりつつあるように思います。僕は絵画に詳しくないのでこんなことを書くのはあれな気もしますが、あのピカソでさえ、若い時は写実的な絵画を描いていたからこそ、のちに個性的で破壊的な絵を書くことができたのかもしれません。なので、僕は先天的な個性が存在することを否定することはしませんが、少なくともアート(芸術、技術)の世界における「個性」は、後天的に獲得されたものなのではないかと考えています。

 

logmi.jp

matome.naver.jp