まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

ヘーゲル『法の哲学』における「世界史」の位置付け

目次

はじめに

 以下では,ヘーゲル『法の哲学』における「世界史」の位置付けについて見ていきたい.

 ヘーゲルの世界史の哲学,あるいは歴史哲学については,ヘーゲルの講義録で詳しく述べられているが,講義録はヘーゲル自身が公刊したものではない.ヘーゲル自身が公刊した『法の哲学』のうちに描かれている「世界史」の独自性は,いわゆる「歴史哲学講義」のような独立したテーマとしては描かれていない点に,すなわち彼の法哲学体系うちに組み込まれたその非自立的な位置付けにあるのではないか.この点に留意しつつ内容を見ていこう.

なぜ「世界史」は『法の哲学』の最後に位置付けられているのか

 「世界史」は『法の哲学』においては三重の意味で最後に位置付けられている.「三重の」と私がいうのは,『法の哲学』の第3部「人倫」の第3章「国家」のCに「世界史」が位置付けられているからである.

 なぜ「世界史」は『法の哲学』の最終部の最終章の最後に位置付けられているのだろうか.

 その答えの一つは『法の哲学』の叙述様式にあるように思われる.『法の哲学』の構成では,第1部「抽象法」から第2部「道徳性」を経て,第3部「人倫」に至る.叙述は「抽象的なもの」から「具体的なもの」へと進んでいく.ということは,「世界史」が本書の最後に位置付けられているのは,「世界史」が「具体的なもの」の最たるものであるからではないか.

「世界法廷」としての「世界史」

 『法の哲学』で「世界史」の項目に接続されるのは第340節である.ここで「民族精神 die Volksgeister 」と「世界精神 der Geist der Welt 」とが対比的に描かれている.

 第340節

 国家相互の関係においては,諸国家が特殊的なものとして存在するから,ここには,情念,利益,目的,才能や徳,暴力,不法や悪習という内的特殊性と,同様に外的偶然性が現象のほとんどの場面にわたって跋扈している.——これらが跋扈する場面では,人倫的全体そのもの,すなわち国家の独立性が偶然性にさらされることになる.諸民族精神の諸原理は,それぞれの特殊性において,現実存在する個体としてのその客観的現実性と自己意識とをもつのであるが,その特殊性のために一般に制限されたものであり,そしてそれら相互の関係における運命と行果は,これらの民族精神の有限性が現象する弁証法である.この弁証法から,普遍的精神,すなわち世界精神が無制限なものとして出現するとともに,みずからの法を——そしてこの法は最高の法である——世界法廷としての世界史において諸民族精神に対して行使するのが,この世界精神なのである.

(Hegel1820: 342-343,上妻ほか訳(下)357〜358頁)

ここで注意しなければならないのが,「民族精神 Volksgeister 」が複数形である点である.一つ一つの「民族精神」はいわば地域に根ざしたものであって,いわばエスニックな概念である.「民族精神」の各々は「国家 Staaten 」と同様に「特殊的」である.「国家」が「特殊的」なのは,或る国家に並んで主権性を有する他の国家との関係においてである*1

 「世界精神」が登場するのは「これらの〔民族〕精神の有限性が現象する弁証法」からであると述べられている.なぜ「弁証法 Dialektik 」なのかというと,「民族精神の有限性」から「世界精神」の無制限性が導出されているからである.「世界精神」の無制限性,普遍性は,「民族精神」のような地域性を超越している.

 ここで「世界史 Weltgeschichte 」が「世界法廷 Weltgericht 」として登場する.ちなみに「法廷(裁判) Gericht 」の概念については,本書第3部「人倫」第2章「市民社会」C「法廷(裁判)」で扱われている.「世界法廷」もまた「法廷(裁判)」の概念を踏まえていると思われるので,以下の節を引用する.

 第219節

 法律という形式で定在するにいたった法は,対自的であり,法についての特殊的意志意見に対して自立的に対立していて,みずからを普遍的なものとして妥当させなければならない.特殊的な利害関係についての主観的な感情を抜きにして,特殊的な事件に即して法を認識し,法を実現することは,公的な威力である裁判に属している.

(Hege1820: 217,上妻ほか訳(下)136頁)

法律というのは,そこに法律として書かれてあるだけでは不十分であり,個別のケースについては法律に則って判断して適用するための機関が必要である.その役割を果たすのが「法廷(裁判)」である.「法廷」に出廷するのは「市民社会の成員」である.「世界法廷」としての「世界史」において,この「市民社会の成員」にあたるのが,諸々の「民族精神」である.

 第340節で「世界史」が「世界法廷」として描かれるためには,それに先行する箇所で,つまり「市民社会」章で「法廷」の概念について記述される必要があった.さらに「民族精神」の枠組みを超える「世界精神」の観点を描くには,先に「国家」概念の記述を済ませる必要があった.その限りで,「世界史」はやはり『法の哲学』第3部「人倫」第3章「国家」の最後に位置付けられるに相応しいと言えるであろう.

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:ただし,ネイションとステイトの枠組みが直ちに一致するものではないのと同様,「民族精神 Volksgeister 」と「国家 Staat 」の枠組みもまた直ちに一致するのではないだろう.