まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

スピノザ『エチカ』覚書(5)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)第一部 神について

公理

 続いてスピノザは「公理」について述べている。

 「公理」とは何であろうか。「公理」は先の「定義」と何が違うのであろうか。「定義」は八つから成り立っていたが、「公理」は七つから成り立っている。

存在様式の区別

 公理一では、存在様式の区別について述べられている。

一 すべて在るものはそれ自身のうちに在るか、それとも他のもののうちに在るかである。

Spinoza 1677:2、訳39頁)

存在様式の区別は二つだけである。すなわち、それが「自己」つまり内部にあるか、「他者」すなわち外部にあるか。

「すべて在るもの」とは「神」のことである。それが「自己」(内部)にあろうが「他者」(外部)にあろうが、「神」の存在様式の違いにすぎない。「他者」にある場合には「実体の変状」と解される(定義五)。

概念規定

 公理二は概念規定について述べられている。

二 他のものによって考えられえないものはそれ自身によって考えられなければならぬ。

Spinoza 1677:2、訳39頁)

この公理二は、「実体」についての定義三を裏返したようなものである。

 「他のものによって考えられえないもの」とは「神」のことである。

因果

 公理三では、「原因と結果」つまり因果について述べられている。

三 与えられた一定の原因から必然的にある結果が生ずる。これに反してなんら一定の原因が与えられなければ結果の生ずることは不可能である。

Spinoza 1677:2、訳39頁)

ここでは「原因」と「結果」についてごく普通の原理原則が述べられているだけのように見える。が、このことを前提としなければスピノザが『エチカ』を書くことなど不可能であっただろう。というのも「原因」と「結果」の論理必然的な帰結によって、『エチカ』の幾何学的秩序による論証は成立しているからである。

因果と認識

 前の公理三と同じく因果に関わるものだが、公理四では因果における「認識」の働きの側面が取り上げられている。 

四 結果の認識は原因の認識に依存しかつこれを含む。

Spinoza 1677:2、訳39頁)

公理三で見たように、原因に基づいて結果が生じるのであるから、結果を認識するためには、その原因を認識することが必要である。

共通の認識と概念

 公理五では、共通の認識と概念について述べられている。

五 たがいに共通点を持たないものはまたたがいに他から認識されることができない。すなわち一方の概念は他方の概念を含まない。

Spinoza 1677:2、訳39頁)

たがいに共通点を持つということは、同じ類に属するものと考えられる。これに対して「たがいに共通点を持たない」場合、両者はたがいに異なる類に属するものと考えられる。異なる類に属するものどうしはたがいに共通点を持っていないので、たがいを認識するための指標を自分の中に持っていないので認識できないし、概念できない。

f:id:sakiya1989:20200508215925p:plain

 この公理を逆に言うと、互いに共通点を持っている場合には、互いに認識可能であり、一方の概念が他方の概念を含むことになろう。このことを図に表すと以下のようになる。

f:id:sakiya1989:20200508214518p:plain

 ところで「たがいに共通点を持たないもの」どうしが、たがいに共通点を持つようになることはできるだろうか。そうすれば両者は相互に認識可能となるはずだが。そのためには、上の図のように両者が重なり合うところまで、つまり共通点をもつところまで近づく必要があろう。

 とはいえ、ここで一つの疑問が湧く。普通に考えると、認識能力とは感覚器官の有無に左右されるはずである。仮に相互に共通点を持つものがあったとして、それらが一切の感覚器官を持たないとする場合、それらは互いに認識しあうことができるのだろうか。

真の観念

公理六は「真の観念」について述べられている。

六 真の観念はその対象〔観念されたもの〕と一致しなければならぬ。

Spinoza 1677:3、訳39頁)

この一文で悩ましいのは、objectumの訳語に当てられることの多い「対象」という語でideatoを表現している点である。

 『知性改善論』第33節にも「真の観念 idea vera 」について言及した箇所がある。

(三三)真の観念(実際我々は真の観念を有するから)はその対象 suo ideato と異なる或るものである。なぜなら円と円の観念とは別のものであるから。というのは、円の観念は円のように円周と中心を有する或るものではないからである。同様にまた、身体の観念 idea corporis は身体そのもの ipsum corpus ではない。そして観念がその対象 suo ideato と異なった或るものであるからには、それ自体、理解され得る或るものであろう。言い換えれば、観念はその形相的本質(essentia formalis)という方面から見れば、他の想念的本質(essentia objectiva)〔観念〕の対象 objectum たり得るのである。そして更にこの別な想念的本質はまた、それ自体で見れば、実在的な且つ理解され得る或るものであろう。このようにして無限に進む。

Spinoza 1677:366、訳30頁、強調引用者)

この訳文の中で「対象」と訳されているのはideatoとobjectumの二つであることがわかる。スピノザは先ず「真の観念はそれが観念されたもの ideato とは異なるもの」だと述べている。そこで例として挙げられているのが、〈円の観念〉と〈円〉との関係、および〈身体の観念〉と〈身体〉との関係である。〈円〉は「円周と中心を持つ」具体的な存在であるが、これに対して〈円の観念〉はそのような具体性を持たない抽象物であるとされている。この場合、具体的に「円と中心を持つ」〈円〉は、〈円の観念〉の「観念されたもの ideato 」であると考えられる。では〈円の観念〉とは何であろうか。それは今まさにこの議論をしている最中に円を具体的に描かずに我々が観念しているところのものである。「観念がそれの観念されたもの suo ideato と異なった或るものであるからには、それ自体、理解され得る或るものであろう」。わざわざ図に表現しなくとも、「我々は」(円の)「真の観念を持っている」からこそ議論が可能なのである。

 ここで振り返って、スピノザが公理六「真の観念はその対象〔観念されたもの〕と一致しなければならぬ」と述べるのはどういう意味であろうか。例えば、円の真の観念は三角形や四角形と一致しないが、円とは一致する。逆に、円の真の観念が三角形や四角形と一致してしまっては困るし、そうであってはならない。なぜなら観念と異なる対象との一致は、概念の混乱状態を生じさせるからである。

〈非 - 存在〉概念

 公理七は〈非 - 存在〉概念について述べられる。

七 存在しないと考えられうるものの本質は存在を含まない。

Spinoza 1677:3、訳39頁)

「存在」とはスピノザ的に言えば「神」のことである。「存在しないと考えられうるもの」とは、「神」ではないもののことを指している。「神」ではないものの本質には、当然「存在」は含まれない。というのも、スピノザにおいて「存在」とは「神」にほかならないからである。

 だが、そもそも「存在しないと考えられうるもの」は「考えられうる」のだろうか。あるいは、我々は「存在しないもの」について考えることができるのだろうか。「存在しないもの」について考えることができるのであれば、その場合「存在しないもの」、〈非 - 存在〉というものが存在することになりはしないのだろうか。同じようなことについてハイデガーは考えていなかっただろうか。

sakiya1989.hatenablog.com

文献