まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

スピノザ『エチカ』覚書(3)

目次

sakiya1989.hatenablog.com

 

(承前)第一部 神について

「定義」の内容についてもう少し詳しく検討を加えてみたい。

抹消された主体、「私」という主語

「定義」の中でも真っ先に掲げられているのが「自己原因」である*1

I. Per causam sui intelligo id, cujus essentia involvit existentiam; sive id, cujus natura non potest concipi nisi existens.

一 自己原因とは、その本質が存在を含むもの、あるいはその本性が存在するとしか考えられえないもの、と解する。

Spinoza 1677:1、畠中訳37頁)

この畠中訳の「自己原因とは、〜〜と解する」という訳文だけを見せられて「この文の主語は何か?」と問われて答えられる人は、はたしてどれだけいるだろうか。

 "intelligo"という動詞は一人称単数である。したがって、「自己原因〔という言葉〕によって私が理解する intelligo のは、以下のことがら id である」というように翻訳できる。

 確かにラテン語の原文には英語の"I"やドイツ語の"Ich"のような「私」という単語が表記されていないのだが、ラテン語では主語は動詞の人称変化によって明確に表記されているのであって、主語の不在を示しているのではない。しかしながら、日本語に翻訳されるやいなや「解する」という動詞だけでは主語の人称変化を表現できない。つまりここで主体=主語の欠落が生じてしまうことになる。「自己原因」をかように理解する主体=主語である「私」は、もちろん著者であるスピノザに他ならない。畠中訳がこれを省略したことによって、「私」という主体=主語が、スピノザ『エチカ』を読解する上で無視され、骨抜きにされてきたということはないだろうか。

 念のため他の工藤・斉藤訳『エティカ』ではどう訳されているかと思い、チェックしてみたところ、訳文は次のようになっていた。

一 自己原因とは、その本質が存在をふくむもの、いいかえれば、その本性が存在するとしか考えられないもののことである。

(工藤・斉藤訳)

ここでは主語は「自己原因」であり、もはやそれを理解する「私」の主語どころではない。「理解する intelligo 」ということさえもが、どこかに消えてしまった。これは一体どういうことであろうか。

 加えて上野修においては「私」という主語はその存在自体が抹消されている。

 だれもが知るように、『エチカ』の言説の際立った特徴はその非人称性にある。じっさい論証という形をとる『エチカ』の言説は諸々の定義、公理、先行する諸定理から自らを導き出していくわけで、まるでひとりでに展開するように見える。「論証がそれ自身に語りかけているのだ」とさえ人は言いたくなるだろう。だが正確にいって、論証の中でいったい誰が語っているのだろうか。こう言ってよければ、論証しつつある論証主体とは何者なのか。著者スピノザ?いやそうは言えない。われわれはユークリッド幾何学の論証を辿るさい、ユークリッドその人の再生された声を聞き取っているわけではあるまい。それと同様、われわれはスピノザの声を聞き取っているわけではない。たしかにそれはスピノザという名の人物によって書かれたテクストかもしれないが、著者自身がそう望んだように、論証の真理は著者のいかなる伝記的要素にも左右されてはならないのである。それゆえ、『エチカ』の中で語っている論証の主体は誰でもありはしない。いやむしろ、それは何か人称的実質を欠いた、名もなき主体のようなものなのだ。これが『エチカ』の根源的な非人称性である。

(中略)

 ひるがえって『エチカ』を見れば、その幾何学的秩序に欠けているのは、まさにこの一人称の「語る〈わたし〉」にほかならない。このことは、著者スピノザがもっぱら間欠的に、論証の糸の外部に位置する備考という形でしか一人称で介入しないという事実からも明白である。『エチカ』の言説は「わたし」といって語るどころか、いったい誰がその主体であるのか言明されないまま諸定理が述べられてゆく。

(上野 1993:83〜84)

ここまで上野が長々と一人称の主体の欠如を語っているのを見ると、上野がラテン語原文でスピノザ『エチカ』を読解していないのではないかという疑いを禁じ得ない。上野が云々する『エチカ』の非人称性は事実ではなく、繰り返すが冒頭1行目の定義一からすでに一人称の「私」が登場するのである。

 こうしてみると、翻訳書で『エチカ』を理解するのは心許ない気がしてくる。二次文献ではあるが、最近出版されたもので最もユニークによく練られた訳文は、 秋保亘の手による以下の訳文である。

「自己原因ということによって私は、その本質が実在を含むもの(id cujus essentia involvit existentiam)、あるいはその本性が実在すると〔して概念する〕以外には概念されえないもの(id cujus natura non potest concipi, nisi existens)と知解する」[E1Def1]

(秋保 2019:150)

ここで秋保は主語である「私」を訳出するとともに、intelligo が「知性」と関わる動詞であることを示すべく「知解する」と訳し、concipi も「概念」と関わる動詞として訳出している。こうした点はラテン語原文で読む読者にはすでに周知のことがらであったが、印刷物ではどういうわけかなかなかお目にかかれない訳出なのである。

 もっとも「私」という主体=主語の復権を云々したからといって、『エチカ』の読解が大きく変わるのかどうか、私にはまだ分からない。しかし、「私」の視点を明確にすることは、『エチカ』読解のためのひとつの試みとしては面白いのではなかろうか。

「自己原因」の解釈と「神の存在証明」

 その「自己原因」を、いわば我々つまり読者が理解するためには、「あるいは sive 」で並置された二つの事柄でもって総合的に理解しなければならないであろう。「その本質が存在を含むもの」と「その本性が存在するとしか考えられえないもの」の両方に共通するのは「存在」である。

 あらゆる存在者に先行してアプリオリに絶対的に存在するもの、他のものを自己の存在理由としないもののことを、スピノザは「自己原因」と呼んでいるのではないだろうか。

 いわゆる「神の存在証明」として有名であるが、こうした考え方はアリストテレスの「第一原因」に似ている。アリストテレスは「第一原因こそが神だ」と述べた。しかし、スピノザは「自己原因が神だ」とは述べていない。スピノザがそういう直截的な言い方をしていないのは何故であろうか。

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:スピノザの「自己原因」とデカルトのそれとの比較については、中野 2003をみよ。