まだ先行研究で消耗してるの?

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

ルソー『社会契約論』覚書(1)

目次

はじめに

 本稿では、ルソー『社会契約論』(桑原武夫・前川貞次郎訳、岩波文庫)の読解を試みたいと思います。ルソー『社会契約論』については以前も少し触れたことがあったのですが、本格的に読むのは初めてです。

 岩波文庫の『社会契約論』には「Rousseau/LE CONTRAT SOCIAL/1762」(2頁)と書いてあるのですが、このタイトルは誤りです。実は"DU CONTRACT SOCIAL"が精確なタイトル表記なのですが、どうやらこのタイトルが"DU CONTRAT SOCIAL"と変更されて今に伝わっているようです。

『社会契約論』異版について

 まずはルソー『社会契約論』の異版について見ていきましょう。

ドイツで印刷された海賊版

 ルソー『社会契約論』のタイトルは、今日では"Du contrat social"として知られています。このタイトル名をGoogle Booksで検索すると、初版が出版された1762年の書籍としては下の画像のものがヒットします。

(Rousseau 1762c)

しかし、この上の画像のタイトルページは、おそらくドイツで印刷された海賊版のものと思われるものです*1

 Google Booksで"Du contrat social"と検索をかけても、上の海賊版ばかりがヒットしてしまいます。実際、日本語のWikipediaの『社会契約論』の一番下にリンクされているフランス語原文のPDFでは、この海賊版の表紙を採り入れたものを底本としているようです。

女神像の初版

 では、どうしたら海賊版ではない『社会契約論』初版を検索することができるのでしょうか。そのコツは、検索ワードを"Du contrat social"ではなく、"Du contract social"という"c"を追加することにあります。そうすると次のようなイラストのタイトルページを持った書籍がヒットします。

(Rousseau 1762b)

このイラストページを持つ初版は早稲田大学図書館のホームページでも紹介されています。そこでは次のように説明されています。

 この『社会契約論』の刊本は極めて多く、フランスでも八十種類を超えるとされる。その一七六二年の“初版”にも二種類あり、同一刊年の異版も六種が存在する。この中には標題紙の書名が *Du contrat…* で始まるものと *Principes du…* のものとがあり、標題紙の女神像も異なるが、本学には両方の版が収蔵されており、ここに掲げたのは、そのうちの後者の標題紙である。

 ちなみに、この標題紙の前に付された略標題紙には *Du contrat social* と記されている。

社会契約論早稲田大学図書館HP)

上の説明では「この中には標題紙の書名が *Du contrat…* で始まるものと *Principes du…* のものとがあ」るとされています。

 しかし、実際には上のイラストページの前に掲げられてあるタイトルは、"Du contrat…"ではなく"Du contract social"です。つまり初版は"c"の付いた"Du contract social"として出版されたのであり、それがGoogle Booksで検索ワードを"Du contrat social"とした場合に初版がヒットしない理由なのです。

八つ折り版の初版

 ルソー『社会契約論』初版のタイトルが"Du contrat social"ではなく"Du contract social"であった証拠が、もう一つの四つ折り版の初版にあります。

(Rousseau 1762a)

先に見たRousseau(b)では、"Du contract social"と"Principes du droit politique"とが別々のページに記載されていたので、タイトルとサブタイトルの間に"ou"という文字がありませんでした。これに対して、このRousseau(a)のタイトルページでは、"ou"という文字が入っています。

 この表紙の絵は、Benjamin Samuel Bolomeyが素描し、それをCharles Ange Boilyが彫ったとされています。この絵を見ると、女神が右手に天秤を手にしながら、左手で帽子を乗せた槍を持っています。その横には猫がいます。空には鳥が一匹飛んでおり、緑の向こう側には町が少し見えます。

 Rousseau(a)とRousseau(b)の絵に共通するのは猫の存在です。猫は一体何の寓意を持っているのでしょうか。

正義の女神ユスティーティア

 天秤と剣を持った像としては、正義の女神として知られるユスティーティアの像が有名です。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/21/Frankfurt_Am_Main-Gerechtigkeitsbrunnen-Detail-Justitia_von_Westen-20110408.jpg

(Frankfurt am Main)

 しかし、この表紙の人物は、明らかに剣ではなくて槍を持っているように見えます。なので、正確には槍騎兵(ランシア、Lancier)と呼ぶべきでしょうか。したがって、そこに描かれているのは、ユスティーティアのような神性を持った女神ではない。とすれば、描かれているのは正義の観念を知り、力を持った人間としての市民として理解できるでしょうか。

ジュネーヴの市民

 ここでルソーは、自身の名前の後に「ジュネーヴ市民シトワイヤン 」 と書いています。ルソーはジュネーヴ共和国で生まれました*2福田歓一は当時のジュネーヴ共和国の事情について次のように述べています。

ジュネーヴ共和国の住民には、はっきりした地位の区分があった。市民総会に出席できるのは公民と平民だけであり、また公職に就けるのは公民だけであった。移住してきて居住権を認められた居留民、そのジュネーヴ生まれの二世である新住民、そして共和国領土に住む従属民には参政権はなかった。しかも公民の上層には特権的な有力者がいて、小評議会などの重要な公職を独占していた。その上、一六〇〇人の市民総会はめったに開かれるわけではなく、実権は小評議会と二〇〇人会議(大評議会)の議席を独占した特権的諸家族が握って、事実上の貴族政を行っていた。ふつうの公民にできるのは抗議に限られていたといってよい。こういう共和国を背景に、ルソーは『告白』においてあえて父母の公民の身分を特記し、後年自ら「ジュネーヴの公民」であることを誇ったのである。

(福田 2012:27)

ルソー自身は『社会契約論』の中で「市民シトワイヤン 」とは「個々には、主権に参加するもの」(訳31頁)と述べています。

ウェルギリウスアエネーイス

 またここではウェルギリウスアエネーイス』がエピグラフとして引かれています。

われらは協約の公平なる法を明言し

——ウェルギリウスアエネーイス』第11編第321行——

(ルソー 1954:12)

このエピグラフは『社会契約論』においてどのような意義を持っているのでしょうか。この点について、梅田祐喜は次のように述べています。

国家設立のための成員相互の合意、すなわち契約のさいの契約当事者間の対等性(平等)がルソーの引用したフレーズに含意されていること、そしてその直後のフレーズに含意されている「仲間として主権に結合していく」ことは、『社会契約論』のライト・モチーフとして展開されていくことになります。あわせて、この地にとどまってもいいし、他の土地に行きたければ、それもよし、というラティーヌスのことばに見られるように、国家設立の契約の際の、契約当事者の自由な意思が、ウェルギリウスのテキストに読みとれることです。契約、契約当事者間の対等、自由な意思、この三者こそ『社会契約論』の導きの糸なのです。

(梅田 1997:8)

なるほど、ウェルギリウスの『アエネーイス』を読んだ方が『社会契約論』のイメージを掴みやすいかもしれませんね。

sakiya1989.hatenablog.com

文献

*1:書誌情報について詳しくはLeigh 1990を参照せよ。

*2:ルソーとジュネーヴ共和国との関係については川合 2007、橋詰 2018を見よ。