まだ先行研究で消耗してるの?

真面目に読むな。論理的に読むな。現実的なものは理性的であるだけでなく、実践的でもある。

英語

サイード『オリエンタリズム』覚書(4)

目次 サイード『オリエンタリズム』(承前) 序説(二)(承前) 〈オリエント〉に関する三つの留保(その一) 〈オリエント〉についての諸観念の星座的布置 文献 sakiya1989.hatenablog.com サイード『オリエンタリズム』(承前) 序説(二)(承前) 〈オ…

サイード『オリエンタリズム』覚書(3)

目次 序説(二) 「オリエント」とヴィーコの「原理」 文献 sakiya1989.hatenablog.com 序説(二) 「オリエント」とヴィーコの「原理」 サイードはヴィーコの「原理」を「オリエント」の解明へと応用する。 I have begun with the assumption that the Orie…

サイード『オリエンタリズム』覚書(2)

目次 (承前)序説(一) 〈オリエンタリズム〉の第三の意味:「オリエントを支配し再構成し、威圧するための西洋の様式」としての〈オリエンタリズム〉 フーコーの「言説」概念の援用 文献 sakiya1989.hatenablog.com (承前)序説(一) 〈オリエンタリズ…

サイード『オリエンタリズム』覚書(1)

目次 はじめに 序説(一) "European Western" は「西洋人」か 〈オリエンタリズム〉の第一の意味:「学術的(アカデミック)」なものとしての〈オリエンタリズム〉 〈オリエンタリズム〉の第二の意味:「存在論的・認識論的区別にもとづく思考様式」として…

私の外国語学習歴(1)英語・ドイツ語・フランス語

はじめに 今回は「私の外国語学習歴」というタイトルで書きたいと思います。 私が参加しているヘーゲル精神現象学の読書会に、最近中国から留学にやって来た院生が参加するようになりました。その留学生はドイツ語が堪能なので、読書会でのコミュニケーショ…

ホッブズの権利論——自然権と自由

目次 承前 ホッブズの「自然権」 「自然権」と「自由」 文献 承前 今回はホッブズの権利論*1について書きたいと思います。 この記事は以下の記事の続きです。 sakiya1989.hatenablog.com 「権利」はオランダ語の regt や英語の right の翻訳語として用いられ…