全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

ビットコインチャートを眺める

ビットコインチャートが閲覧できるサイトを見つけました。

blockchain.info

 

前から常々思っているのですが、ビットコインのチャートって数式に表せそうな気がするんですよね。

まずは下の図1「ビットコイン時価総額(2年間)」をご覧ください。

f:id:sakiya1989:20171129133141j:plain図1 ビットコイン時価総額(2年間)

もちろん細かい変動はあるんですけども、ざっくりと曲線を描いてるのがお分かりかと思います。データがCSVJSONファイルでDLできるので、読み込んだら関数が出てくるようにできるかもしれません。(やり方はこれから調べます。)

 

次の図2「トランザクションの合計数(2年間)」はほぼ直線的に増加しているグラフであることがわかります。

f:id:sakiya1989:20171129133641j:plain図2 トランザクションの合計数(2年間)

 しかし、期間を伸ばして見ると、なんとこれは直線ではなく、綺麗な曲線になっていることが判明します。それが下の図3「トランザクションの合計数(全期間)」です。

f:id:sakiya1989:20171129134412j:plain図3 トランザクションの合計数(全期間)

ここまで綺麗だと、何かの関数で表現できる気がしてなりません。

 

最後にビットコインの総流通量を見てみましょう。

f:id:sakiya1989:20171129135533j:plain図4 ビットコインの総流通量(1年間)

このグラフだけ見ると、ビットコインの総流通量はほぼ直線的に増えていくように見えます。

しかし、です。もっと期間を延ばして、次の図5「ビットコインの総流通量(全期間)」を見てください。

f:id:sakiya1989:20171129134835j:plain図5 ビットコインの総流通量(全期間)

ビットコインの総流通量を短期的にミクロに眺めると、ほとんど直線的に増えているのですが、長期的にマクロに眺めると、ある時期を境に傾きが緩やかになっていることが見て取れます。なので、今後はもっと傾きが緩やかになっていくのかもしれません。