全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

One Tap BUYの5つの特徴

こんばんわ。

今回はOne Tap BUYというスマホ証券について書きたいと思います。

www.onetapbuy.co.jp

jp.techcrunch.com

joyful-money.com

onewayinv.com

 

 

先日、One Tap BUYに登録してみました。こういう新しいサービスはどんどん使って試してみて、良かったら続けてみるのがいいんじゃないかと考えています。

 

↓これがOne Tap BUYのスマホアプリ画面です。

f:id:sakiya1989:20170629010851j:plain

まだ口座開設しただけなので、取引はしていません。

ここまでわかったことをいくつかメモしておきます。

 

(1)簡単な手続きで、米国株を買えるようになる!

 One Tap BUYの口座開設手続きは簡単です。例えば、SBI証券のような他の証券会社だと口座開設して「お客様情報」を入力する際に必須項目が多く、割と面倒です。これに対して、One Tap BUYはごく基本的な個人情報を入力するだけで簡単に口座が作れます。ただし、ログインするためには、パスワードが自宅に郵送で届くまで待つ必要があります。

 

(2)選ばれた米国株を売買できる!

 One Tap BUYで売買可能な銘柄は限られています。米国株については、SBI証券が1390銘柄程度、マネックス証券が3370銘柄程度取り扱っていますが、これに対して、One Tap BUYで売買できる米国株はたったの30銘柄だけです。とはいえ、この30銘柄は選ばれた優良企業なので、初心者には非常に投資しやすいラインナップだと思います。

info.monex.co.jp

www.onetapbuy.co.jp

 

(3)みずほ銀行口座と連携すると、オートチャージで即座に株が買える!

 「銀行においたまま買付®︎」という機能を使うと、One Tap BUYの口座にいちいち送金しなくても、株の買い注文と同時に自分のみずほ銀行の口座から自動で送金してくれるそうです。これを「株式口座オートチャージ」とでも呼びましょうか。

www.onetapbuy.co.jp

 ちなみに「銀行においたまま買付®︎」機能を使った場合、通常1回あたり108円(税込)かかる手数料が、2017年9月末まではかからないそうです。これは嬉しいですね。😋

www.onetapbuy.co.jp

 

(4)One Tap BUYで取り扱っている各銘柄の漫画が読める!

 口座開設してからのお楽しみです。漫画は非常によくできています。公式ホームページからバフェットの漫画だけ読めるようになっていますので、リンクを貼っておきます。

https://www.onetapbuy.co.jp/pdf/mr03.pdf

 

(5)One Tap BUYが代わりに確定申告をやってくれる!

 他の証券会社では特定口座を利用するも、源泉徴収あり/なしを選ぶことができます。これに対して、One Tap BUYではそもそも「特定口座(源泉徴収あり)」しか選べません。「特定口座(源泉徴収あり)」のメリットは証券会社が代わりに確定申告を行なってくれることなので、初心者の投資家でも確定申告漏れの心配をせずに売買できます。

www.onetapbuy.co.jp

以上、思いつくままにOne Tap BUYの5つの特徴を挙げてみました。

One Tap BUYのサービスを全体的にみて、投資初心者に優しい良いサービスだと思いました。スマホアプリのUIも良い感じです。

まだ他にも書くことはあると思いますが、今日のところはここまでにしておきます。