全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

Kindle Unlimited一ヶ月間無料体験、その後の副作用

今日も引き続き、Kindle Unlimitedについて書きたいと思います。

 

とりあえず試しに一ヶ月間無料体験でKindle Unlimitedを使ってみて、一つ大きく変化したことがあります。それは、紙の本好きの僕が「電子書籍結構良いじゃん」って思うようになったことです。

ついこの前まで、僕は電子書籍に抵抗がありました。iPadKindleアプリを入れてみても最初のうちは「なんだか読みにくいな、レイアウトがイマイチだな」と思っていました。

しかし、Kindle Unlimitedの一ヶ月間無料体験で日常的に利用したことによって、僕の読書感覚が変化し、ついにiPadKindle本を読むことになんの抵抗も感じないようになってしまったのです。

さらにKindle本を利用することによって、書店にない本を手軽に読むときにKindleストアの本領が発動されることを改めて思い知りました。

例えば、僕は未だに書店を回って欲しい本を見つけようとするのですが、タイトルは知っていてもなかなか書店に置いてない書籍もあります。あとは発見してもヤケがあったり、研磨されていたりで買わないこともあります(個人的には研磨本を買うのは嫌なので)。そうすると「あ、Kindleがあるじゃん」と思って、とりあえず本のサンプルをDLして読んでみます。あとはもうポチりそうになっている自分がいる(笑)。なるほどAmazonはこれを狙ってたのか!!(違)

要するに、Kindle Unlimitedの一ヶ月間無料体験は、人のライフスタイルを変えてしまうほどの副作用があるのです。試用したら最後、Kindleから抜け出せなくなる恐れがあります。くれぐれもご注意を!