全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログ

全然ロジカルじゃない(!)書きたいことをひたすら書くブログです。ノンロジカルエッセイ。

僕のパソコン遍歴

今回は僕のパソコン遍歴について書きたい。

 

ウチに初めてパソコンが来たのは僕がまだ小学生の頃。IBMのデスクトップパソコン、OSはWindows98だった。

最初のネットプロバイダーはniftyで、ダイヤルアップ回線だった。

そのあとYahoo!BBADSLに切り替わってからは、かなりインターネットは快適になった。

ウチがYahoo!BBADSLに入った経緯は今考えると結構胸熱で、母ちゃんが駅の近くを歩いていたらキャッチされたらしく「一ヶ月無料なんで使ってみてください!いらなかったら箱に入れて送り返してくれればいいから!」と言われ、その場で父ちゃんに(おそらく公衆電話から)電話して、モデムの入った紙袋を家に持って帰って来たそうだ。

中二ぐらいの時に、メビウスというブランドのSHARPのノートパソコンを買ってもらった。OSはWindowsXPになった。テレビチューナー付きで液晶の発色が綺麗だった。ただ15型なので、持ち運びには不便なほど重かった。

高校に入ると、動画編集するのにマシンパワーが足りなくて、ヤマダ電機のネット通販で買ったノートパソコン(フロンティアというブランド)にした。当時は最新のデュアルコアCPUインテルCore 2 Duo搭載で、エンコードしながら「マルチタスク速え〜」ってなってた。大きさも12型ぐらいの小型パソコンで、非常に持ち運びに便利だった。パソコンはほぼ毎日学校に持っていってた。

このノートパソコンは必要な役目を果たすとある日突然起動しなくなっちゃって、応急処置でUbuntuというOSを入れて、大学中もなんとか使い続けていたように思う。

さすがにUbuntuで壊れたパソコンを騙し騙し使い続けるのはアレだったので、大学4年の時に15.4型フルHDのノートパソコンをドスパラで買った。フルHDが魅力で買ったんだけど、画面が高精細過ぎて文字とか逆に見辛かった。フルHDならもっと大きいディスプレイじゃないとダメかもしれない。ちなみに、このパソコンは修論執筆まで使用した。しかしキーボードで入力すると、打ちにくい上に、手首が痛くなるような代物だった。大学院の頃はどちらかといえば、外出中はサブ機としてポメラDM100で入力し、家でこのノートパソコンでGoogleドキュメントやワードにコピペして編集していた。

そして去年の1月に買ったのが、今も使い続けているMacBook Airだ。電気屋に並んでいるパソコンで一台ずつ文字を打つ感触を確かめながら比べてみて、このMacBook Airが最高に良かったので、惚れ込んで10万ぐらい出して買った。初めてのMacデビューだったので、買うのに少しだけ勇気が必要だったが、間違いなく買って良かった。今の上司に「なんでMacなの?エイスースとかもっと安いのあるじゃん」って言われたこともあるけど、いや違うんだ。今まで無駄に大きくて重いノートパソコンや、キーボード打ち込むと疲れる変なパソコンや、ポメラを使っていた自分の経験からすると、MacBook Airの品質に10万出しても全然惜しくない。MacBook Airは大きさも11.6インチで、カバンにスッと入るし、持ち運びしやすい。本当に素晴らしい製品だと思う。

 

振り返ってみると、僕にとって良かった製品は、12型程度の小型ノートパソコンとMacBook Airの二つだ。どちらも十分な性能を備え、かつ持ち運びしやすいというのが高評価できるポイントだ。

命題1.1を「【投資においては、】自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングである。」に修正

さて、これまで命題1.1「自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングである」について検討してきました。

sakiya1989.hatenablog.com

で、一晩寝て、朝起きて、今日の朝ふと思い直したら、なんとなくこの命題が普遍的な書き方になっている点に問題があるような気がしてきました。

 

命題1.1の問題点

結局のところ、「自分が買いたいタイミング」だとか、「自分が買うのを手控えるタイミング」なんてものは人それぞれなわけです。もっと言えば、どういう目的で何を買うのかによって、買いのタイミングは変わってくるはずです。

もともとこの命題は、私が投資を想定して述べたものです。なので、この命題には「投資においては」という但し書きが必要なはずです。

 

命題1.1 revision1(以下rev.)「投資においては、自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングである。」

 

「買いのタイミング」と言っても最適値の前後を含めてある程度幅があると思いますので、そこはもう少し説明が必要ですね。

またここで投資についても説明が必要でしょうが、それはまた今度の機会にします。

 

ところで、次の命題はどのように考えられるでしょうか。

 

命題2.1「投資において、自分が衝動的に買いたいと思うタイミングは、買いのタイミングではない。」

命題2.2「投資において、自分が衝動的に売りたいと思うタイミングは、売りのタイミングではない。」

 

命題2はさしあたり「衝動的に買う(売る)なよ」ってことが言いたいだけですが、実はそれ以上の意味を持っています。 

「買いたいと思う」とか「売りたいと思う」というのは、突き詰めると意欲の問題なのですが、意欲にも実は段階があって、衝動的なものから、投資対象をよく吟味した理性的な判断によるものまであります。例えば、ウォーレン・バフェットがしたように、会社の情報を何年ぶんも読み込んで、投資対象を良く理解した上での「買いたい」や「売りたい」はもはや衝動的なものではないと言えるでしょう。

 

【仮説】命題「自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングである」は本当か?

前回のブログ記事「僕がbitflyerをオススメする理由〜「bitFlyer Lightning」と「お取引レポート」を利用する〜」の最後で、私は「自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングなのです」と書きました。

sakiya1989.hatenablog.com

しかし、それからしばらく経って、「自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミング」という命題は本当か?と自分で何度か反芻しました。自分で書いておいてアレですが、この命題は自然と出てきた文章なので、再度吟味する必要があります。

そこで、この命題について、もう少し掘り下げて解説したいと思います。

 

命題1.1「自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングである。

 

ここでさしあたり、三つの問いを提起したいと思います。

第一に、「自分が買うのを手控えるようなタイミング」とはどういうタイミングか。

第二に、「実は買いのタイミングである」というのは、どの時点で判明するのか。

第三に、上の命題の「買い(Buy)」を「売り(Sell)」と交換しても、この命題は成り立つのではないか。

 

第一の問いについて

「自分が買うのを手控えるようなタイミング」には二つあります。一つは、あまりにも価格が「高杉」て買えないパターン(これから価格が下がるのではないかと懸念してしまうパターン)であり、もう一つは、価格変動が無さすぎて(上がりもしなければ下がりもしないと予測されるため)興味を持てずに買いを留保するパターンです。

ちなみに、ここで主語が「人々」ではなく「自分」であることについては、今度また別の記事で書きたいと思います。

 

第二の問いについて

「実は買いのタイミングである」というのは、常に事後的(アポステリオリ、a posteriori)にしか判明しません。つまり「(予期せず)上がったーッ!あの時買っておけば良かったッ!!」と思った時に判明します。

 

第三の問いについて

命題の「買い」と「売り」を入れ替えると、下記の命題になります。

命題1.2「自分が売るのを手控えるようなタイミングこそが、実は売りのタイミングである。

ここから第二の命題が導かれました。

命題1.1と命題1.2は基本的には時系列になっています(買い→売り)。

もっとも、ここでは空売りは一旦考慮していませんが、空売りも考慮に入れるならば、命題1.1と命題1.2の順序は逆になっても構わないと言えるでしょう。

 

(多分続く)

 

ウォーレン・バフェットが師と仰ぐベンジャミン・グレアムの本です。そのうち読んでみようと思います。

僕がbitflyerをオススメする理由〜「bitFlyer Lightning」と「お取引レポート」を利用する〜

久しぶりに、ビットコインネタを投下しようと思います。

というのも、アクセス解析を見ると、僕のブログ記事の中で一番アクセス数が多かったのがcoincheckの入金手数料について書いた記事だったんですね。

sakiya1989.hatenablog.com

やっぱり今の時期、ビットコインに興味持つ人が多いんだなーと思いまして、今回は、日本で最もビットコイン取引量が多いと言われるbitFlyerを紹介したいと思います。

bitflyer.jp

ところで、僕自身はもうcoincheckでの取引は一切行なっていません

coincheckの利用そのものをやめたわけではありません。coincheckアプリは毎日開いています。

僕はcoincheckのアプリをスマホタブレットに入れてあります。このアプリは暴落や暴騰した時に通知で知らせてくれるので、大変便利です。また平常時でも、アプリを開けばリアルタイムでおおよそのチャートが簡単に確認できます。

 

しかし、ビットコイン取引には、coincheckよりもbitFlyerの方が使いやすいのです。

bitFlyerでよく使うのはbitFlyer Lightningお取引レポートの二つです。

bitFlyer Lightningでは、指値での売買注文が可能です。ビットコインの売買は基本的に全てbitFlyer Lightningで完結します。

ビットコイン取引を始めたばかりの頃、僕はバカだったので、bitFlyerのビットコイン販売所でビットコインを買い、ビットコインを売っていました。しかし、ある時、ビットコイン販売所では、ビットコインをその現在価格よりも高い価格で買うことができ、またその現在価格よりも低い価格で売ることができるという仕組みになっていることに気づきました。ウブな初心者としては「ビットコインが買えた!」だけで驚き、満足していましたが、正月をしばらく過ぎて大暴落してからは、「このままではまずい…」と危機感を募らせました。

そこで、いきなり出した損を取り戻すために僕が飛び込んだのが指値の世界です。

bitFlyerのビットコイン取引所は、簡単に指値ビットコインの売買が可能です。bitFlyer Lightningは、多少マシンに負荷がかかりますが、より詳細な表示が可能なビットコイン取引所だといえます。僕はbitFlyer Lightningでの取引の方が好きです。

とりあえず、ビットコインの売買利益を出すためには、データが必要です。安い価格でビットコインを買い、高い価格でビットコインを売る。案外難しいですが、これを可能にするのがbitFlyerのお取引レポートなのです。

高値掴んじゃったら、売らないで寝かせておきましょう。ビットコインはじきに上がります。そして買った価格よりも上がった時に売れば、少なくとも損はしない。

でも、買ったのがあまりにも前だと、いくらで買ったのか忘れちゃいますよね?

そこでお取引レポートを利用しましょう。何月何日にいくらの価格で何BTC買ったのか、詳細に追跡できます。(coincheckにもcsv形式で取引履歴がDLできますが、情報がちゃちいので、利用しにくいです。)

あと、ビットコイン価格が暴落したらとりあえず買いましょう。こういう時に限って買う気が失せるのはわかります。しかし、自分が買うのを手控えるようなタイミングこそが、実は買いのタイミングなのです。

 

 

【2016年思い出の曲】「七つの大罪」のOP・ED、いきものがかりと瀧川ありさ

お久しぶりです。

このブログでこれまでにNetflixのオススメ作品をいくつか紹介して来ましたが、今回は「七つの大罪」のOP・ED曲を紹介したいと思います。

www.7-taizai.net

アニメ「七つの大罪」の原作を書いているのは鈴木央先生です。もう何年も連載漫画は読んでないのですが、中学生の時は鈴木央先生の漫画「Ultra Red」が好きで、昔よく読んでました。

  

 

僕はアニメ版の「七つの大罪」しか見てないので漫画の方はわからないのですが、「七つの大罪」は時たまエッチな感じの展開が僕の好みですね。作中のヒロイン、エリザベスが巨乳なので、 ついつい目がいってしまいます。

 

良いアニメには必ずといって良いほど名曲が現れる

今回は「七つの大罪」のOP・ED曲の中でオススメな曲をピックアップしたので、是非聞いてください!

 

いきものがかり熱情のスペクトラム

youtu.be

いきものがかりのこの曲聞くだけでテンション上がりますね!

 

瀧川ありさ「Season」

youtu.be

瀧川ありさ「色褪せない瞳」

youtu.be

瀧川ありささんの曲はどこか切ないのですが、頭の中を何度もリフレインしてしまうような魅力があります。

めちゃくちゃ可愛い人がMicrosoftにいることが判明!!ちょまどさんというらしい

実は最近、プログラミングを勉強しようと考えております。

そんな中、いつものようにネットサーフィンしていたところ、「Microsoftに入社しました」と書いてあるアカウントを発見しました。

twitter.com

何!?お写真を拝見したらめちゃくちゃ可愛い人が写っているではないか!?

この方すごいです。ちょまどさんというらしい。かわいいイラストも描いているようで、しかも上手!

manuke.jp

よーし、僕もプログラミング覚えてマイクロソフトに入社するぞー!

「シドニアの騎士」を見て、人間がメシを食うことってすごいんだなって思った

Netflixで「シドニアの騎士」を全話見ました。これはマジでオススメです。

www.knightsofsidonia.com

内容はさておき、「シドニアの騎士」の中では、人間が光合成(!)できるようになったため、メシを食べるのは週一回で済む、という設定になっています。ただ一人、主人公の谷風長道は普通の人間なので、毎日メシを食べないとエネルギーが持たないです。谷風がメシを食う場面は本当に美味しそうです。

僕はお腹が空く時は本当に体が持たないほどエネルギー不足になったり、お腹もしょっちゅう空くので、かつてはメシを食うのが面倒になった時期もありました。

しかし「シドニアの騎士」を見て、毎日メシを食うというのは幸せなことだと思うようになりました。なぜなら、美味しいものを食べて毎日満足感を得られるなんてすごくないでしょうか。もし食事が週一回の頻度になってしまったら満足感を得る回数が極端に減ってしまうことでしょう。

ただ一応「シドニアの騎士」の中では人間は光合成によってある種の満足感を得られるようです。しかし、我々が食べるものは、お寿司・カレー・洋食など毎回変化させることができます。人間は毎回変化に富んだ食事によって楽しくエネルギー補給をできるのです。この点で、人間のエネルギー補給の仕方は、車にガソリンを入れたり、パソコンがバッテリーを充電する仕方とは全く違っています。これはやはりすごいことだと改めて思った次第です。